「俳優の温水洋一(ぬくみず・よういち)のことかと思った」と茶化されることも多い「ヌクメン」という新語。女性の心をヌクヌクと包み込むような、優しさに満ちた男子を称する言葉だ。定義づけがされているのは、様々なプロが美容について語る資生堂のウェブサイト「℃(ドシー)美容推進委員会」。「印象」に関する専門家・重田みゆき氏(フジテレビ系『ホンマでっか!?TV』などでおなじみ)が解説するところによると、「オンとオフのギャップ」「体のキレイなパーツ」などもヌクメンの重要な要素のようだ(しかし、これって「温もり」は関係ありますか?)。

 女性に優しいだけの男性ならばいくらでもいるだろう。それを自然体でこなすことがヌクメンの条件だ。女子たちにとって理想像であるとともに、男子にはなかなかハードルが高い。「モテ」を意識してヌクメンになろうとする時点で、すでにヌクメンからは遠いのかもしれない。「草食系男子」という言葉は、ときに「危なくなさそう」「優しそう」といったプラス印象で語られる。こうした「草食性」に、さらに「イケメン性」も求めた概念が「ヌクメン」で、非常によくばりであるとも言えそうだ。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る