北陸新幹線の長野~金沢間(228キロ)の開業日が2015年3月14日に決まった。

 北陸新幹線は、1989年に着工し、長野冬季五輪の前年の97年に東京~長野間(長野新幹線)が先行して営業を開始していた。

 最高速度は時速260キロメートル。気になる所要時間だが、停車駅の少ない「かがやき」の場合、東京~金沢間を最速2時間28分でつなぐ。これまでの時間を約80分も短縮することになる。「かがやき」は1日に10往復の運行で、停車駅の多い「はくたか」は14往復。富山~金沢間を走るシャトル便の「つるぎ」は、18往復。東京~長野間の「あさま」は16往復する。

 開業に伴い、その経済効果にとりわけ熱い期待を寄せているのは、沿線の石川、富山両県だろう。北陸は古都・金沢を筆頭に観光資源が豊富で食文化も楽しむことができる。来年3月の開業に向け、観光客を当て込んだ催しや、新聞・雑誌やテレビの「北陸特集」も増えそうだ。

 従来両県は、大阪経済圏と関係が強かったが、今後は東京経済圏により軸足を置くことになりそうだ。東京資本の外食産業、ドラッグストアやコンビニなどのチェーン店の北陸進出も加速する可能性がある。

 北陸新幹線は福井県敦賀市までの区間を建設中で、さらに大阪まで延ばす計画だ。
   

   

マンデー政経塾 / 板津久作   


板津久作(いたづ・きゅうさく)
月曜日「マンデー政経塾」担当。政治ジャーナリスト。永田町取材歴は20年。ただいま、糖質制限ダイエットに挑戦中。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る