ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 外交・使節団
  10. >
  11. 岩倉使節団

岩倉使節団

ジャパンナレッジで閲覧できる『岩倉使節団』の日本大百科全書・世界大百科事典のサンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩倉使節団
いわくらしせつだん

1871年(明治4)11月から1873年9月にかけて、約1年10か月、米欧12か国を歴訪した、出発時46名よりなる使節団。特命全権大使は右大臣岩倉具視 (いわくらともみ)で、副使は参議木戸孝允 (きどたかよし)、大蔵卿 (おおくらきょう)大久保利通 (おおくぼとしみち)、工部大輔 (こうぶたいふ)伊藤博文 (いとうひろぶみ)、外務少輔山口尚芳 (やまぐちなおよし)。使節団の目的は、(1)幕末条約締盟国への国書の捧呈 (ほうてい)、(2)条約改正予備交渉、(3)米欧各国の制度・文物の調査研究であったが、(2)には失敗、もっぱら(3)に専心した。使節団の特徴には、〔1〕大使・副使に明治政府の薩長 (さっちょう)の実力者が加わり、理事官(各省の専門官)にはその息のかかった者が多い、〔2〕書記官に旧幕臣が参加し、旧幕時代の国際的な文化蓄積を活用している、〔3〕平均年齢は約30歳で若さと弾力性に富んでいる、〔4〕米欧各国で政治、経済、産業、軍事、社会、文化、思想、宗教などあらゆる分野の制度・文物を詳細に見聞している、等々をあげうる。その公式報告書が『特命全権大使米欧回覧実記』(全100巻、5編5冊、1878年刊)である。

 使節団の帰国(ただし、大久保と木戸はそれ以前に帰国)後、この外遊派は「征韓」論に反対、明治六年の政変(10月)後は、大久保主導のもとに内務省を中心に大久保政権が成立し、米欧回覧の成果をその政策に生かそうとした。従来は条約改正の失敗ということからこの使節団の評価と位置づけは低かったが、『米欧回覧実記』をはじめとする研究の進展で、この使節団の近代日本に及ぼす影響が再検討され始めている。なお、この使節団には、金子堅太郎 (かねこけんたろう)、団琢磨 (だんたくま)、津田梅子ら42名の留学生が随行し、各国に留学した。

[田中 彰]



岩倉使節団[百科マルチメディア]
岩倉使節団[百科マルチメディア]

全権岩倉具視(ともみ)と4人の副使。左から木戸孝允(たかよし)、山口尚芳(なおよし)、岩倉、伊藤博文(ひろぶみ)、大久保利通(としみち)。副使4人は断髪・洋服姿、岩倉は和服に洋靴を履く。サンフランシスコで撮影©小学館ライブラリー


世界大百科事典

岩倉使節団
いわくらしせつだん

1871-73年(明治4-6),特命全権大使岩倉具視を中心とした米欧回覧の使節団。その目的は,(1)幕末に条約を結んだ国への新政府による国書の奉呈,(2)上記条約改正への予備交渉,(3)米欧各国の近代的制度・文物の調査・研究であったが,(2)の問題では成功せず,もっぱら(1)と(3)を主として遂行した。使節団の首脳は,右大臣岩倉(公卿,47歳--出発当時の数え年,以下同)のほか副使に参議木戸孝允(山口,39歳),大蔵卿大久保利通(鹿児島,42歳),工部大輔伊藤博文(山口,31歳),外務少輔山口尚芳(なおよし)(佐賀,33歳)がなり,各省派遣の専門官である理事官や書記官など総勢50名に近い大使節団であった。これまで一般的には《日本外交文書》第4巻所収の〈各国使節一行名前書〉により48名とされているが(51名説もある),出発間際まで発令の変更・取消しなどあり,メンバーの入れかわりもかなりある。このほかに約60名の留学生が同行し,これには津田梅(9歳)ら5名の女子留学生や,旧藩主クラス,さらには高知県士族中江篤介(兆民,25歳)らも含まれていた。この使節団の構成の特徴は,首脳は明治維新をリードした薩長が中心であり,理事官には薩長の息がかかったものが選ばれているが,書記官には旧幕臣が多く入っている。この旧幕臣は,幕末以来の国際的経験や知識をもつものや語学に堪能な人々であった。これら旧幕臣はいわば江戸時代に蓄積された文化的エネルギーを背景にもっていた,といってよい。その意味では,使節団の構成は,明治維新の非連続と連続を表象しているといえる。この構成は,使節団帰国後の内務省(1873年11月設置)中心の大久保政権が,トップは薩長藩閥で占め,そのすそ野は約3割の旧幕臣出身の実務・技術(軍事を含む)の下級官僚で構成されているのに通じ,きわめて興味深い。また,上記の年齢からもわかるように,メンバーは若く,平均年齢はほぼ30歳であった。それはこの使節団の弾力性を示している。

 岩倉使節団の派遣をめぐっては,伊藤博文提案説と大隈重信提案説とがあるが,後者は,かつてフルベッキの提示した〈ブリーフ・スケッチ〉(Brief Sketch,1869年6月11日付)をもとに廃藩置県後,大隈がみずからの使節団構想を提案し,それが結果的に岩倉使節団にきりかえられた,というものである。そこには新政権をめぐる薩長と非薩長との主導権争いがからみ,使節団出発直前の1871年11月9日に政府と使節団首脳との間で調印された12ヵ条の〈約定〉が,留守中〈新規ノ改正〉を避け,官制や人事の現状維持のもとで廃藩置県後の実効をあげることを規定していることともかかわりがある,とみられている。

旅程と見聞

使節団は,1871年11月12日(陽暦12月23日)に横浜港を出発し,73年(明治6)9月13日(明治6年より陽暦に改暦)に帰港した。この間,約1年10ヵ月,アメリカ,イギリス,フランス,ベルギー,オランダ,ドイツ,ロシア,デンマーク,スウェーデン,イタリア,オーストリア,スイスの12ヵ国を回覧した(大久保,木戸は途中で帰国)。この公式報告書が,太政官少書記官久米邦武編修の《特命全権大使米欧回覧実記》(5編100巻,1878刊。岩波文庫所収)である。これには上記各国の回覧記事のほか,ウィーン万国博覧会の記事や回覧を中止したスペインとポルトガルの概説およびヨーロッパ総論と帰路航程の記事が載せられている。

 太平洋を横断してサンフランシスコからアメリカ入りした岩倉使節団は,ワシントンで条約改正問題の交渉を行ったが,最恵国条款のもとでの各国別交渉の不利がわかり,以後各国との条約改正交渉はあくまで予備交渉にとどめ,もっぱら近代国家の制度・文物などを精細に調査・見聞した。その対象は,王宮・議会・官庁・軍事施設・工場・病院・博物館・美術館・学校などから牢獄・花街にいたるまで,あらゆる面にわたる。そして,その考察は,具体的なものからその背景にある原理的なものに及び,ヨーロッパとアジアの社会構造や発想の相違を対比的に推究したりしている。そして,建国後100年のアメリカにおいては,そこに自主・独立の民の存在をみ,〈島国〉イギリスでは,貿易と工業立国の姿を眼前にし,フランスでは〈賊徒〉パリ・コミューンのなかに文明国の階級的矛盾を感じとり,統一帝国成立直後のドイツでは,ビスマルクやモルトケとの会見で,彼らの力の論理とその政策に共感した。ロシアでは農奴解放令と日本の土地改革とを対比し,また,日本のロシアへの先入観の誤りを自覚し,イタリアではこの国がヨーロッパ文明の根源であることを実感した。さらに,スイス,ベルギー,デンマークなどの小国では,これらの小国が弱肉強食のヨーロッパ国際政治でいかにして中立・独立を保持しているかを知った。帰路ではアジア・アフリカの植民地・半植民地化の実態をかいま見た。この使節団の回覧の背景には,近代ヨーロッパ文明への信仰と,対するアジアの未開という判断があったが,アジアのなかの日本は,ヨーロッパ化=近代化の能力をもつという自負がこめられており,こうした発想がその後の日本の〈脱亜入欧〉=近代化の思考様式となり,かつアジアへの優越感となっていった。だが,日本近代化の第一歩において,明治政府の首脳が,米欧の地を実地に踏み,詳細な研究・調査をしたことは,その後の近代天皇制国家の構築に大きな影響を及ぼしているとみられている。
[田中 彰]

[索引語]
岩倉具視 条約改正 木戸孝允 大久保利通 伊藤博文 山口尚芳 津田梅子 中江兆民 大隈重信 フルベッキ,G.H.F. ブリーフ・スケッチ 久米邦武 米欧回覧実記 脱亜入欧
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


岩倉使節団の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 100
検索コンテンツ
1. 岩倉使節団画像
日本大百科全書
1871年(明治4)11月から1873年9月にかけて、約1年10か月、米欧12か国を歴訪した、出発時46名よりなる使節団。特命全権大使は右大臣岩倉具視いわくらと
2. 岩倉使節団
世界大百科事典
に,メンバーは若く,平均年齢はほぼ30歳であった。それはこの使節団の弾力性を示している。 岩倉使節団の派遣をめぐっては,伊藤博文提案説と大隈重信提案説とがあるが
3. 岩倉使節団
日本史年表
女子留学生としてアメリカへ出発( 岩倉使節団 と同船)。 1871年〈明治4 辛未〉 11・12( 12・23 ) 中江兆民 、アメリカ経由でフランスへ留学(
4. 岩倉使節団[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
全権岩倉具視ともみと4人の副使。左から木戸孝允たかよし、山口尚芳なおよし、岩倉、伊藤博文ひろぶみ、大久保利通としみち。副使4人は断髪・洋服姿、岩倉は和服に洋靴を
5. イギリス画像
日本大百科全書
自由民権思想の基盤を整えるのに大きな貢献をした。 明治時代の日英関係の劈頭へきとうを飾ったのは、岩倉使節団の派遣であった。正使岩倉具視いわくらともみをはじめ木戸
6. 伊藤博文画像
日本大百科全書
1870年には財政幣制調査のためアメリカに出張、翌年の金本位制の採用、新貨条例の公布に導いた。1871年岩倉使節団の副使として米欧に出張、その間に大久保利通おお
7. 伊藤博文
世界大百科事典
兼任,鉄道建設や貨幣制度の改革を推進した。さらに71年には遣外大使岩倉具視の副使となって米欧に出張(岩倉使節団),その間に同行した大久保利通の信任をえた。73年
8. 井上馨画像
日本大百科全書
入りし、1869年(明治2)通商司知事、1871年には大蔵大輔おおくらたいふに就任したが、岩倉使節団の渡欧中に財政問題から辞職し、貿易会社先収せんしゅう会社(三
9. 岩倉具視
世界大百科事典
を回覧,アメリカではグラント大統領に謁し,ドイツではビスマルクやモルトケと会見したりした(岩倉使節団)。帰国後,73年のいわゆる征韓論に対しては,大久保,木戸ら
10. うらかみやまざとむら【浦上山里村】長崎県:長崎市
日本歴史地名大系
受けているという(パークス伝)。この処置は諸国から強い抗議を招き、条約改正の予備交渉を目的としていた岩倉使節団も各国で信仰弾圧の非を指摘され、同六年二月明治政府
11. うりゅう-しげこ【瓜生繁子】
日本人名大辞典
文久2年3月20日生まれ。瓜生外吉の妻。明治4年はじめての女子留学生のひとりとして津田梅子らと岩倉使節団とともにアメリカにわたる。ワシントンで音楽をまなび,帰国
12. うりゅう-しん【瓜生震】
日本人名大辞典
瓜生寅(はじめ)の弟。長崎で蘭学をまなび,坂本竜馬の海援隊に属する。明治4年工部省鉄道寮にはいり,岩倉使節団にしたがい欧米を視察。のち高島炭鉱長崎支店長,麒麟麦
13. 映画
世界大百科事典
ちまちヨーロッパ各地に広がって大ヒット。1872年,パリでこのパノラマを見学した明治政府の岩倉使節団の《米欧回覧実記》には,〈初メテ此府ニ来リ皆託異スル一観場ア
14. 大久保利通
世界大百科事典
あったが,その実現に野心をもやす肥前派の参議大隈重信に外交上の実権が移るのを阻むねらいで,岩倉使節団を組織し全権副使に就任,11月,アメリカ,ヨーロッパ各国訪問
15. 華族
世界大百科事典
諭された。71年の廃藩置県で華族は政治的特権を失った。また,海外へ洋行する者も多く,同年の岩倉使節団に同行した留学生には多数の華族が含まれていた。この使節団はヨ
16. 学制
世界大百科事典
を公布し,以後73年7月までに全213章を公布した。太政官での文部省上申案の審議をめぐり,岩倉使節団の訪欧米中に重大な国内改革をすべきでないとする井上馨,板垣退
17. 近代社会
日本大百科全書
なる。日米和親条約(1854)と一連の修好通商条約(1858)の改正のための交渉は、早くも岩倉使節団(1871~73)が提起したが拒否され、1899年(明治32
18. 久米邦武
世界大百科事典
習となる。68年(明治1)弘道館教諭,翌年佐賀県権大属,71年大属。その年,権少外史となり岩倉使節団に参加,73年帰国後は太政官外史記録課長,大使事務局書類取調
19. くろさきむら【黒崎村】長崎県:西彼杵郡/外海町
日本歴史地名大系
明治四年(一八七一)出津一三人・黒崎六人が佐賀に送られて評定所牢に投獄され、これが外交問題となった。同年の岩倉使節団はアメリカ大統領や国務長官から強い批判を受け
20. 西郷隆盛画像
日本大百科全書
隊による御親兵の設置に尽力し、6月参議に就任、7月の廃藩置県に主導的役割を果たした。11月岩倉使節団の米欧巡遊出発後、筆頭参議兼大蔵省御用掛として、留守政府が推
21. 佐々木高行
世界大百科事典
行所を支配し,68年(明治1)には長崎府判事となった。70年参議,71年には司法大輔となり岩倉使節団に随行して欧米の司法制度を視察して帰国,征韓論争,西南戦争に
22. ささき-たかゆき【佐佐木高行】画像
日本人名大辞典
土佐高知藩士。坂本竜馬,後藤象二郎らと大政奉還につくす。維新後は明治政府の参議,司法大輔。岩倉使節団にもくわわる。工部卿をへて明治21年枢密顧問官。明治43年3
23. 三条実美
世界大百科事典
下賜され,修史局総裁になった。71年には右大臣のまま神祇伯,宣教長官を兼ね,さらに太政大臣となって岩倉使節団を米欧に派遣した。73年,使節団帰国後の征韓論の分裂
24. 士族反乱画像
世界大百科事典
やめた島義勇が結成した憂国党は,東京から下野参議の江藤新平を迎えて兵をあげ,県庁を襲った。江藤は岩倉使節団帰国当時(1873年9月)司法卿として活躍し,とりわけ
25. しものせきしょうきん【下関償金】
国史大辞典
年間延期することで四国側との合意が成立した(三年二月)。ところが廃藩置県を経た明治四年秋、岩倉使節団派遣計画の策定過程において、残額免除交渉論が急浮上し関係国政
26. 小シーボルト蝦夷見聞記 238ページ
東洋文庫
関係 明治六年、H・v・シーボルトは日本代表団として、職人たちと共にウィーンを訪れ、ここで岩倉使節団に同行していた兄アレキサンダーと対面する。そこで二人は当時ヨ
27. 殖産興業
世界大百科事典
の非能率もめだった。そのため廃藩後の財政窮乏のなかで早くから大蔵当局の批判の的となったが,岩倉使節団の帰国後は,民業育成の見地から工部省事業に対する批判がさらに
28. 条約改正
世界大百科事典
ぜず,法権回復は日清戦争後の1899年,関税自主権回復は日露戦争後の1911年であった。 岩倉使節団の交渉 条約改正の予告期に当たる1871年(明治4),〈万国
29. 征韓論
世界大百科事典
象二郎,江藤新平,大隈重信,大木喬任の諸参議が賛同していったん内定はしたものの,正式決定は岩倉使節団の帰国をまつこととした。しかし使節団帰国後もこの遣使問題は延
30. せいかん‐ろん【征韓論】
日本国語大辞典
韓国側の国書拒否をきっかけとして即時出兵の主張とまず使節派遣による交渉からという二説があったが、岩倉使節団の帰国後、岩倉具視・木戸孝允・大久保利通ら内治優先派の
31. たいせいしんぶん【大西新聞】
国史大辞典
六八年三月パリ刊行『世のうはさ』に次ぐ海外発行邦字新聞雑誌の先駆け。明治新政府の文明開化政策の展開と岩倉使節団派遣で絶頂に達する洋行・海外留学の流行に誘発され、
32. たかつじ-おさなが【高辻修長】
日本人名大辞典
年11月29日生まれ。明治元年従三位にすすみ,2年天皇の侍従となる。5年外遊中にアメリカで岩倉使節団の随行を命じられ,帰国後ふたたび侍従。のち東宮侍従長,宮中顧
33. たきい-かずひろ【瀧井一博】
日本人名大辞典
史学者。昭和42年1月28日生まれ。京大人文科学研究所助手をへて,兵庫県立大助教授。平成17年岩倉使節団,伊藤博文,山県有朋らの欧州視察を通じて憲法制定過程をえ
34. たていし-おのじろう【立石斧次郎】
日本人名大辞典
うけ,トミーの愛称をえた。文久3年母方の米田姓を名のり幕臣となる。維新後長野桂次郎と改名,岩倉使節団に参加。ハワイ移民監督官,大阪控訴院通訳官などをつとめた。大
35. たなか-あきら【田中彰】
日本人名大辞典
」の校訂をおこない,岩倉使節団の歴史的研究に先鞭(せんべん)をつけた。平成23年11月9日死去。83歳。山口県出身。東京教育大卒。著作に「明治維新政治史研究」「
36. 田中不二麿
図書館情報学用語辞典
教育行政家,政治家.明治初期,無料制国立図書館を設立した.尾張藩士から文部省理事官となり,岩倉使節団に随行,帰朝後,欧米の教育制度を紹介した報告書『理事功程』(
37. 田中光顕
日本大百科全書
1868年(明治1)以降、兵庫県権判事ごんはんじ、大蔵少丞しょうじょうなどを経、1871年岩倉使節団の随員として欧米に派遣され、西南戦争には征討軍会計部長として
38. たなかみつあき【田中光顕】
国史大辞典
に出仕し、兵庫県権判事・会計監督司知事・大蔵少丞・戸籍頭などを経て、同四―六年理事官として岩倉使節団に加わり、欧米諸国を視察、使節団の会計をつとめた。帰国後陸軍
39. 団琢磨画像
日本大百科全書
1871年岩倉具視いわくらともみ渡米に際し、黒田家の海外留学生として金子堅太郎などとともに同行(岩倉使節団)、マサチューセッツ工科大学鉱山学科を卒業して帰国。以
40. 中東画像
世界大百科事典
その翻訳紹介は,一神教としてのイスラムの特質,イスラム諸宗派の存在に触れている。 明治前期には,岩倉使節団の一員である外務省の福地源一郎による《外国人立合裁判報
41. 津田梅子
日本史年表
) 津田むめ(梅子) ・ 永井繁 ・ 山川捨松 ら5人、女子留学生としてアメリカへ出発( 岩倉使節団 と同船)。 1929年〈昭和4 己巳〉 8・16 没。
42. とりい-ただぶみ【鳥居忠文】
日本人名大辞典
)の跡をついで下野(しもつけ)(栃木県)壬生(みぶ)藩主鳥居家8代,壬生藩知事となる。4年岩倉使節団と同船してアメリカに私費留学。子爵,貴族院議員。大正3年10
43. ドイツ画像
日本大百科全書
1871年にプロイセンを中心にドイツ帝国が成立すると、ドイツがにわかに注目の的になった。1873年3月には岩倉使節団がベルリンに到着し、宰相ビスマルクと歓談する
44. 内務省
世界大百科事典
は西郷隆盛らを中心とした征韓論が高まり,一時は西郷の朝鮮派遣が決定された。だが,この渦中に岩倉使節団が帰国する。そして征韓論に反対する大久保利通,木戸孝允らと西
45. 中江兆民
世界大百科事典
69年大学南校の大得業生となり,翌年には大久保利通の斡旋で司法省出仕としてフランス留学を認められ,岩倉使節団とともに渡欧した。2年にわたる滞仏生活の後,帰国。東
46. 中江兆民
日本史年表
1871年〈明治4 辛未〉 11・12( 12・23 ) 中江兆民 、アメリカ経由でフランスへ留学( 岩倉使節団 と同船)。 1901年〈明治34 辛丑〉 12
47. 永井繁
日本史年表
) 津田むめ(梅子) ・ 永井繁 ・ 山川捨松 ら5人、女子留学生としてアメリカへ出発( 岩倉使節団 と同船)。
48. ナポリ
世界大百科事典
活でいわば祭りのモティーフにあふれているとする印象である。日本からは1873年に明治政府の岩倉使節団がナポリを訪れ,景勝の地ではあるが,12ヵ国の欧米諸都市を回
49. にいじま‐じょう【新島襄】
日本国語大辞典
群馬県安中出身。元治元年(一八六四)渡米、アマースト大学を卒業後、キリスト教に入信。明治五年(一八七二)岩倉使節団に随行し、アメリカおよびヨーロッパの教育制度な
50. にいじま-じょう【新島襄】画像
日本人名大辞典
もと上野(こうずけ)(群馬県)安中藩士。元治(げんじ)元年アメリカに密航し,理学,神学をまなぶ。明治5年岩倉使節団に随行して欧米の教育事情を視察。7年宣教師とし
「岩倉使節団」の情報だけではなく、「岩倉使節団」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

岩倉使節団と同じ外交・使節団カテゴリの記事
征韓論(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
いわゆる「明治六年(一八七三)十月の政変」をひきおこした外交政策論争。明治政府は成立早々の明治元年十二月(一八六九年一月)対馬藩主宗義達に命じて王政復古を朝鮮政府に通告させたが朝鮮政府は釜山で宗氏の家臣に対し、日本からの国書には日本天皇が朝鮮国王より名分論的に
岩倉使節団(日本大百科全書・世界大百科事典)
1871年(明治4)11月から1873年9月にかけて、約1年10か月、米欧12か国を歴訪した、出発時46名よりなる使節団。特命全権大使は右大臣岩倉具視(いわくらともみ)で、副使は参議木戸孝允(きどたかよし)、大蔵卿(おおくらきょう)大久保利通
日中国交回復(日中共同声明)(世界大百科事典・日本大百科全書)
中華人民共和国が成立したのは1949年であるが,日本が中国と正常な国交関係を樹立したのは72年の日中共同声明においてであった。新しい中国が誕生してから23年目の国交樹立であり,日本は79番目の中国承認国となった。日中国交回復が遅れていたのは,日本が
日米和親条約(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸幕府がアメリカ使節ペリーと結んだもので、鎖国を破った最初の条約。神奈川条約ともいう。列強のアジア政策の焦点は、一八四〇年代前半中国と条約上の通商を開始して、極東の鎖国日本の開国へと絞られた。その先導的役割を果たしたアメリカ政府の対日使節派遣計画は


「岩倉使節団」は幕末に関連のある記事です。
その他の幕末に関連する記事
沖田総司(日本架空伝承人名事典・日本大百科全書・世界大百科事典)
新撰組隊士。白河藩士の子として生まれる。天然理心流近藤周助の試衛館で剣を学び、同門の近藤勇とともに、新撰組に加わった。剣の才能は抜群であったものの、結核を患い、池田屋事件では、近藤らとともにわずか五名で、一番先に斬り込んだが、喀血して昏倒した。
長崎海軍伝習所の日々(東洋文庫)
日本海軍の黎明期を物語る史料。幕末の安政のころ,伝習所教官として来日したオランダ士官の目にうつる若き日の勝海舟,榎本武揚,開明の藩主島津斉彬,鍋島閑叟ら。生き生きと登場する幕末の群像。1964年09月刊
桂太郎(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八四七-一九一三明治時代の軍人、政治家。弘化四年(一八四七)十一月二十八日、萩藩士馬廻役百二十五石の桂与一右衛門信繁と母喜代子の長男として、長州萩平安古(山口県萩市平安古町)に生まれる。はじめ寿熊と称し、のち太郎と改名。海城と号す。藤田与次右衛門
岩倉使節団(日本大百科全書・世界大百科事典)
1871年(明治4)11月から1873年9月にかけて、約1年10か月、米欧12か国を歴訪した、出発時46名よりなる使節団。特命全権大使は右大臣岩倉具視(いわくらともみ)で、副使は参議木戸孝允(きどたかよし)、大蔵卿(おおくらきょう)大久保利通


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶