ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本・自伝
  10. >
  11. 秋夜長物語

秋夜長物語

ジャパンナレッジで閲覧できる『秋夜長物語』の日本国語大辞典のサンプルページ

日本国語大辞典

あきのよのながものがたり 【秋夜長物語

解説・用例

南北朝時代の男色稚児(ちご)物語。一巻。作者未詳。比叡山の僧桂海と、三井寺の稚児梅若との悲恋と、それをめぐって起きた三井寺と比叡山の争いを描く。桂海は後に東山雲居寺を建立して膽西(せんさい)上人と仰がれる。

発音

アキノヨノ=ナ〓モノ〓タリ

〓[ア]=[カ゜]<2>


上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


秋夜長物語の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 34
検索コンテンツ
1. あきのよのながものがたり【秋夜長物語】
日本国語大辞典
南北朝時代の男色稚児(ちご)物語。一巻。作者未詳。比叡山の僧桂海と、三井寺の稚児梅若との悲恋と、それをめぐって起きた三井寺と比叡山の争いを描く。桂海は後に東山雲
2. あきのよのながものがたり【秋夜長物語】
国史大辞典
『(校註)日本文学大系』一九、『続史籍集覧』六、『日本古典文学大系』三八所収。 [参考文献]平沢五郎「秋夜長物語攷」(『斯道文庫論集』一)、市古貞次『御伽草子』
3. 秋夜長物語(著作ID:80886)
新日本古典籍データベース
あきのよのながものがたり 秋夜乃長語 物語 南北朝時代
4. おとぎぞうし【御伽草子】
国史大辞典
大事にされたことは中世社会の特徴であったが、児と僧侶の恋愛男色やその結果寺院の対立合戦をテーマとする『秋夜長物語』や『幻夢物語』『足引』のような絵巻物で流布する
5. おとぎぞうしえまき【お伽草子絵巻】
国史大辞典
東京国立博物館蔵『土蜘蛛草紙』、逸翁美術館蔵『大江山絵巻』、香雪美術館蔵『稚児観音縁起』、幸節静彦蔵『秋夜長物語』、徳川黎明会蔵『はいすみ物語』、春浦院蔵『福富
6. 甲冑画像
日本大百科全書
胴丸と腹巻の盛行は遺物の多いことによっても知られるが、その皆具かいぐのようすは『十二類合戦絵詞』『秋夜長物語絵詞』『結城ゆうき合戦絵詞』などに活写され、「細川澄
7. 広益俗説弁 続編 108ページ
東洋文庫
愛護せんかたなくして、きりうが滝に身を投て死せり。其霊、山王権現とあらはると云。 今按るに、此説は、『秋夜長物語』によつてつくりし事なり。『長物語』云、「後堀川
8. 広益俗説弁 続編 396ページ
東洋文庫
山紀述』を引いて説明している。また、遺編巻二十七「愛護若が説」では、愛護若の俗説の原話が『秋夜長物語』に基づいて作られたと指摘している。また時代考証の例としては
9. 幸若舞 2 景清(かげきよ)・高館(たかだち)他 98ページ
東洋文庫
取り、長刀 を持って警固するなどの力役をつとめたo力者法 師・青法師などともいう。御伽草子『秋夜長物語
10. 太平記 97ページ
日本古典文学全集
をいう。「思心ヲツクス程ノコトノ葉、イカニクロミツクストモツキ(ク)シガタケレバ」(永和本秋夜長物語)。矢立の硯。携帯用の硯で、出陣する武士が、箙や鎧の引き合わ
11. 太平記 111ページ
日本古典文学全集
三津ともいう。唐崎から比叡辻あたりまでの湖岸。南岸は坂本をさすと考えられるが、不明。永和本『秋夜長物語』第十五には「寄手ニハ本院(比叡山東塔)ニ習禅、々智、円宗
12. 太平記 133ページ
日本古典文学全集
「翁此露(梅若君の涙)ヲ左ノ手ニ入レテ暫ク円転スルニ、露ノ玉程ナク鞠ノ勢ニ成リヌ」(永和本秋夜長物語・第十七)。蹴鞠は直径六、七寸(約二〇
13. 太平記 287ページ
日本古典文学全集
詩」)。薄絹を張った窓。「蛍をば沙窓の軒にかけ、書院の戸をほと〳〵と扣たき」(文禄本秋夜長物語)。神仏に祈願するため、寺社に一晩じゅう参籠すること。お籠り。一夜
14. 太平記 393ページ
日本古典文学全集
山門の衆徒を 山徒京都に寄する事  と呼ばれていた。「西山ノ岩蔵ト云処ニ庵室ヲ結テ」(御伽草子・秋夜長物語)。一枚の板で作った軽便な盾。「甲冑ヲヨロウタル兵三千
15. 太平記 399ページ
日本古典文学全集
吉田山の東側を通る。東塔には北谷・南谷・西谷・東谷・無動寺谷の五つの谷がある。→三九五ページ注一五。『秋夜長物語』に「東塔の住侶、修禅坊、禅智坊、円宗坊」とある
16. 太平記 213ページ
日本古典文学全集
日吉神社の神官を左方・右方に分けていう。伝記不明。この人物も不明。「寄手ニハ本院ニ習禅、々智、円宗院」(秋夜長物語)。広縁、大廂のこと。伝教大師最澄。延暦寺の開
17. 太平記 214ページ
日本古典文学全集
りそれぞれの彼岸所。坂本の東。南岸は坂本にあった宿坊らしい。「西塔ニハ常喜、乗実、南岸」(秋夜長物語)。祐覚は竹下の合戦に新田軍として活躍。日吉大社摂社の一つで
18. 太平記 267ページ
日本古典文学全集
露骨なの意。「混、ウチアラハレテノ心也」(太平記聞書)。「余リニヒタタケタラン態モサスガナレバ」(秋夜長物語)。恋人の便りを待つ思いを風に寄せた表現。松井本・玄
19. 太平記 416ページ
日本古典文学全集
義治への執心から語っている。永和二、三年(一三七六、七)に『太平記』巻三十二相当巻の裏に書写された『秋夜長物語』を始めとする児物語の盛行とも考え合わせたい。
20. 太平記 293ページ
日本古典文学全集
巻二十三・土岐頼遠御幸に参り合ふ事)。心がふさがって晴れないさま。「一寺ノ鬱陶斜ナラズ」(秋夜長物語)。相当にすぐれていること。原義「分に随う」から発して、甚だ
21. 太平記 438ページ
日本古典文学全集
鎌倉左馬  ル事ヲゾ申スベキト語リテ、涙ヲ流セバ、聞ク人共ニ感歎シテ、袖ヲ濡サヌハナカリケリ」(秋夜長物語・二十四)。『公義集』に「高野山にすみ侍りし比、奥の院
22. 太平記 542ページ
日本古典文学全集
れければ、直に八  舟形の器で、そこに薬種を入れ、軸の付いた車輪を前後させて押し砕いた。『秋夜長物語』に「薬研堀ノ底狭ナルガ中ヱ、カツパト飛下リ」と見える。先端
23. 太平記 256ページ
日本古典文学全集
り来た  六。大津市坂本本町。比叡山の東麓。「寄手ニハ本院ニ…杉生・西勝…西塔ニ…行泉」(秋夜長物語)。『西塔堂舎並各坊世譜』の北谷の項に行泉院(旧号行泉坊)。
24. ちごものがたり【児物語】
国史大辞典
特に室町時代には、『秋夜長物語』『あしびき』『幻夢物語』『鳥部山物語』『松帆浦物語』『嵯峨物語』『弁の草紙』など、かなり多くの作があげられるのである。わけても、
25. ちゅうせい【中世】
国史大辞典
二十三編に限定して用い、物語草子は室町時代物語と呼ぶ立場もある。僧侶・寺院社会に取材した『秋夜長物語』『あしびき』『幻夢物語』『三人法師』、武士の復讐談である『
26. 貞丈雑記 2 255ページ
東洋文庫
用ゆる由、奥州・信州などの駅にてもこれを用ゆる由、見たる人絵図に写して予に見せたり。 〔頭書〕 『秋夜長物語』云う、「後堀川院の御時、西山の謄西上人、かの童、桃
27. 男色物
世界大百科事典
た男色が新興武士階級にも広がって,正面から男色を文学のテーマとして取りあげるようになる。《秋夜長物語》《あしひき》《嵯峨物語》《鳥辺山物語》《弁の草紙》など従来
28. にほんこてんぶんがくたいけい【日本古典文学大系】
国史大辞典
き・浦島太郎・横笛草紙・酒呑童子・福富長者物語・あきみち・熊野の御本地のさうし・三人法師・秋夜長物語 39連歌集 菟玖波集抄(二条良基編)・新撰菟玖波集抄(一条
29. にほんぶんがくぜんしょ【日本文学全書】
国史大辞典
最初は十二編で終了する予定であったが、さらに十二編を追加続刊した。平安時代の『竹取物語』から室町時代の『秋夜長物語』『鴉鷺合戦物語』に至る代表的な物語・日記・随
30. 腹巻
日本大百科全書
などの古社寺のほか、個人の所蔵品にも多数の優品がある。着装のようすは、前記『十二類絵巻』『秋夜長物語絵詞』『結城ゆうき合戦絵詞』および岐阜県浄音じょうおん寺所蔵
31. 南方熊楠文集 2 110ページ
東洋文庫
つけた。例せば、舞童幸松(『弘安八年大講堂供養記』)、童子春松、岩松(『後宇多院御幸記』)、『秋夜長物語』の梅若、謡曲「粉川寺」の梅夜叉、『幻夢物語』の花松、三
32. ものがたりそうし【物語草子】 : 中世/(五)
国史大辞典
二十三編に限定して用い、物語草子は室町時代物語と呼ぶ立場もある。僧侶・寺院社会に取材した『秋夜長物語』『あしびき』『幻夢物語』『三人法師』、武士の復讐談である『
33. 謡曲集 228ページ
日本古典文学全集
過去の罪を告白すること。〈クリ〉で中央へ行き着座する演出もある。この〈クリ〉とほぼ同文が『秋夜長物語』の冒頭にみえる。また、同類の表現が「千手」「西行桜」「東北
34. 謡曲集 557ページ
日本古典文学全集
*宝生流と下掛三流は、「シオドキ」と謡う。「(隙も)惜し」と掛詞。あまねく照る。「秋は夜長」に基づく表現。『秋夜長物語』という書がある。「(持つや)担桶」と掛詞
「秋夜長物語」の情報だけではなく、「秋夜長物語」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

秋夜長物語と同じ物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本・自伝カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(日本古典文学全集・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~
落窪物語(日本古典文学全集・日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
〔一〕今は昔のこと、中納言である人で、姫君を大勢持っていらっしゃった方がおられた。長女や次女の君には婿を迎えて、それぞれ西の対、東の対に派手に住まわせ申しあげなさって、「三女、四女の君には裳着の式をして差し上げよう」と、大事にお世話なさる
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本・自伝と同じカテゴリの記事をもっと見る


「秋夜長物語」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
夢酔独言他(東洋文庫)
小吉は海舟の父で,幕末の貧乏御家人のひとり。幕府の衰退期を奔放不羈に生きた小吉の生涯は泰平の化政時代が生みだした倦怠と虚無感をもたたえている。『平子龍先生遺事』を併録。1969年05月刊【閲覧画面サンプル】【上記の拡大画像】【目次】表紙(扉)
新花摘(世界大百科事典・日本大百科全書)
俳諧句文集。与謝蕪村著。1797年(寛政9)刊。蕪村は其角の《華摘》にならって亡母追善の夏行(げぎよう)を発起し,1777年(安永6)4月8日より発句1日10句の詠を続けたが,16日間で中絶,その後余白を利用して関東や丹後の修業時代の回想的諸話を
江戸生艶気樺焼(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸時代の小説、黄表紙。山東京伝画作。三冊。天明五年(一七八五)刊。題名は「江戸前うなぎの蒲焼」のもじり。金満家仇気屋の独り息子艶二郎は醜いくせにうぬぼれが強く、悪友北里(きたり)喜之助・悪井志庵などにそそのかされ、情事の浮名を世間にひろめようと
誹風柳多留(国史大辞典)
川柳風狂句集。百六十七冊。初篇明和二年(一七六五)より二十二篇天明八年(一七八八)まで呉陵軒可有編。二十三篇寛政元年(一七八九)如猩編。二十四篇同三年一口編。二十五篇より二十九篇まで和笛編。三十篇文化元年(一八〇四)一口編。三十一篇より七十篇
日本永代蔵(井原西鶴集)(日本古典文学全集)
初午は乗って来る仕合せ天は、何も言わず国土に深い恩恵を施しているが、人間は、誠実でありつつ、虚偽に及ぶことも多い。それは、人の心が、本来、無の状態にあり、事物に反応するだけのものだからだ。このように、人間が善と悪との中間で揺れ動きつつ生きる
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶