ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 仮名草子・浮世草子
  10. >
  11. 御伽婢子

御伽婢子

ジャパンナレッジで閲覧できる『御伽婢子』の国史大辞典・世界大百科事典・日本国語大辞典のサンプルページ

国史大辞典

伽婢子
とぎぼうこ
仮名草子、怪異小説集。浅井了意作。十三巻十三冊、六十八話。寛文六年(一六六六)刊。中国の『剪燈新話』『剪燈余話』や『霊鬼志』『博異志』などの伝奇・志怪小説に構想を仰ぎ、舞台を室町時代に移して怪奇と浪漫、数奇な人生を雅趣豊かな文体で描く。『新御伽婢子』などの追従作を多く生み、その影響は上田秋成・山東京伝らの読本から三遊亭円朝の講談『牡丹燈籠(ぼたんどうろう)』にまで及ぶ。書名は、題簽に「御伽婢子(おとぎぼうこ)」とあるが、内題や巻三の三の本文から「伽婢子」として取り扱う。『日本名著全集』一〇などに所収。
[参考文献]
山口剛『怪談名作集』解説(『日本名著全集』一〇)、江本裕『伽婢子』解説(『東洋文庫』四七五・四八〇)、宇佐美喜三八「伽婢子に於ける翻案について」(『国語と国文学』一二ノ三)、冨士昭雄「伽婢子の方法」(『名古屋大学教養部紀要』一〇)
(冨士 昭雄)


世界大百科事典

御伽婢子
おとぎぼうこ

伽婢子とも書く。仮名草子。瓢水子松雲(浅井了意)作。13巻13冊。1666年(寛文6)刊。別版に99年(元禄12)刊本や,その1826年(文政9)後印本がある。中国・明の怪異小説,瞿佑(くゆう)の《剪灯新話(せんとうしんわ)》や,李昌祇(りしようき)の《剪灯余話》などを翻案したもの。〈御伽婢子〉とは子どもの魔よけの人形のことで,序によれば,幼童向けの教訓の書であるから,このような書名がつけられたという。67話の奇談からなり,因果応報・勧善懲悪の思想をもって書かれている。その翻案態度は,時代,人名,地名,風俗などをすべて日本に移し,文章も流麗で,少しも翻訳臭さが残っていない。続編の《狗張子(いぬはりこ)》とともに,了意の名を不朽ならしめた本書は怪異小説の嚆矢(こうし)で,近世怪異小説の一時期を画したもので,後世への影響は非常に大きい。三遊亭円朝の人情噺《怪異談牡丹灯籠》の原話がすでにここに見られる。
→怪談
[松田 修]

[索引語]
伽婢子 瓢水子松雲 浅井了意 剪灯新話(せんとうしんわ) 剪灯余話 狗張子(いぬはりこ) 怪異談牡丹灯籠


日本国語大辞典

おとぎ‐ぼうこ[‥ばふこ] 【御伽這子・御伽婢子

解説・用例

【一】〔名〕

(「おとぎははこ(御伽母子)」が「おとぎばわこ」を経て変化したもの)

子供のお守りの一種。長さ約三〇センチメートル。芯に綿を入れ、白い布で頭身を包み、黒い糸を髪として左右に分け、胸の前に垂らした人形。

*浄瑠璃・本領曾我〔1706頃〕一「犬張り子、入れ子張り子や中(うち)張り子、おとぎぼうこの裸身も、いやしげのない手道具は御厨子(みづし)黒柵唐櫛笥(からくしげ)、櫛は取らねど下げ髪や」

*歌舞伎・頼政五葉松〔1707〕三「お伽(トギ)婢(ボウコ)歩み出る。頼政肝を潰(つぶ)し『是(これ)はどうぢゃ』と不審し給ふ」

*随筆・骨董集〔1813〕上・二三「御伽婢子は天倪(あまがつ)の略制なり。小児のかたはらに置き、邪祟をおはする形代なり。『雍州府志』土産門に云く、『白絹を以て人形を造り、内に糟糠を充、外白粉を施す。是を御伽母子(おとぎははこ)といふ。〈略〉』かかれば母子をはうこと引きていひ、はとほと通音なれば、ほうこともいふなるべし」

【二】

御伽婢子

江戸前期の仮名草子。一三巻。浅井了意作。寛文六年(一六六六)刊。怪異談六八編を収める。「剪燈新話(せんとうしんわ)」「剪燈余話」などの中国小説の翻案が多いが、流麗な文体によって巧みに和風の物語に移し変えている。近世怪異小説の祖といわれる。

語誌

(1)本来、それで体をなでて穢れを移して川や海に流す人形(ひとがた)であったが、後に子供の枕上に常に置いて、身代わりに災難を負わせるものとした。後代には、特に女性は終生傍らに置くものとされた。

(2)これと同類の天児(あまがつ)の名は平安時代から見えるが、形については未詳。這子は、室町時代の故実書に、産所の飾りの一つとして記されるが、天児との混乱が認められる。宮家など上流で用いた天児と、庶民に近い階級で用いた這子とが、用途が同じであるために混乱したと思われる。江戸中期には、天児と這子は一対の人形とされ、嫁入道具の一つとなった。一般に庶民には這子が親しまれ、子供が背負って遊ぶ玩具となった。→「あまがつ(天児)」の語誌。

発音

オト〓ボーコ

〓[ボ]

図版

御伽〓子【一】

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


御伽婢子の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 136
検索コンテンツ
1. 御伽婢子
日本大百科全書
浅井了意りょういの仮名草子。1666年(寛文6)刊。13巻68話。近世初期を代表する怪異小説集。その素材のほとんどを中国の怪異小説ならびに雑書から得るが、巧みな
2. 御伽婢子
世界大百科事典
の《剪灯新話(せんとうしんわ)》や,李昌祇(りしようき)の《剪灯余話》などを翻案したもの。〈御伽婢子〉とは子どもの魔よけの人形のことで,序によれば,幼童向けの教
3. おとぎ‐ぼうこ[‥ばふこ]【御伽這子・御伽婢子】画像
日本国語大辞典
頼政肝を潰(つぶ)し『是(これ)はどうぢゃ』と不審し給ふ」*随筆・骨董集〔1813〕上・二三「御伽婢子は天倪(あまがつ)の略制なり。小児のかたはらに置き、邪祟を
4. 御伽婢子(著作ID:16079)
新日本古典籍データベース
おとぎぼうこ 伽婢子 浅井 了意(あさい りょうい) 仮名草子 寛文六刊
5. おとぎぼうこ【御伽婢子】
国史大辞典
⇒伽婢子(とぎぼうこ)
6. 稚口伝御伽婢子(著作ID:743691)
新日本古典籍データベース
おさなくでんおとぎぼうこ 千山堂(せんざんどう) 浄瑠璃/義太夫 
7. 拾遺御伽婢子(著作ID:1217465)
新日本古典籍データベース
しゅういおとぎぼうこ 拾遺伽婢子 柳糸堂(りゅうしどう) 浮世草子 元禄一六序、同一七刊
8. 新御伽婢子(著作ID:36975)
新日本古典籍データベース
しんおとぎぼうこ 未達(みたつ) 浮世草子 天和三刊
9. あお・つ[あふつ]【煽】
日本国語大辞典
ちのけるがごとくでおぢゃるによって」(2)火などをあおいで、その勢いを盛んにする。*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕二・古屋剛「ふすべよと言こそ遅けれ青松葉をた
10. 浅井了意画像
日本大百科全書
物語』(1665ころ)、中国の怪異小説『剪燈新話せんとうしんわ』を翻案し日本の奇談を集めた『御伽婢子おとぎぼうこ』(1666)などの秀作を発表し、後世へ多くの影
11. 浅井了意
世界大百科事典
30巻の多きが数えられる。名所記・道中記的な《東海道名所記》《江戸名所記》《京雀》,怪談集《御伽婢子(おとぎぼうこ)》《狗張子(いぬはりこ)》,教訓書《堪忍記》
12. あさい‐りょうい【浅井了意】
日本国語大辞典
多数の仏教書の他に、仮名草子三十余部を著したが、中国の怪異小説「剪燈新話(せんとうしんわ)」などを翻案した「御伽婢子(おとぎぼうこ)」、浮世房の一代記の形をとっ
13. あさい-りょうい【浅井了意】
日本人名大辞典
明暦元年教訓物「堪忍記」で評判をとり,以後「東海道名所記」,滑稽(こっけい)物「浮世物語」,怪奇物「御伽婢子(おとぎぼうこ)」などを発表。京都正願寺(しょうがん
14. あん‐あん【安安】
日本国語大辞典
〕一・四「佞人、悪人、愚痴、無智にしていたづらをたくみ、あんあんとくらすもの」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕五・幽霊討敵「敵(かたき)のさかり過たるをあんあ
15. あん‐ぜん【暗然・闇然】
日本国語大辞典
他人之礼儀〓哉」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕二・水難毒蛇「妻子おそろしながら嬉しくあれ内介といふ声の下より暗然(アンセン)と
16. いち‐あし【逸足】
日本国語大辞典
古くは馬がはや足で駆けることにいう。いつあし。*文明本節用集〔室町中〕「駿足 イチアシ 馬」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕三・両妻夫割「とかくに袖を引はなし
17. いちもん‐ふち【一文不知】
日本国語大辞典
醒睡笑〔1628〕一「同じ千部講読の請状まゐりけるに、一文不知の経たつ坊あり」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕五・一夢過一生「其道に自讚して一文不知(いちモン
18. いっ‐せき【一跡】
日本国語大辞典
世物語〔1665頃〕三・二「博奕、傾城狂ひに一跡をほつきあげ、親の勘当を蒙り」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕一・髑髏言「汝か父と汝として非道の猛悪を構て我一
19. いん‐しい【飲食】
日本国語大辞典
さかな、菓子、めんるゐ、すひ物などの飲み食ひ物のしなじな、かずかずの料理だてする事」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕一・髑髏言「恨み骨髄に透(とをっ)て飲食(
20. 雨月物語 355ページ
日本古典文学全集
おぼろにぼうっとしたさま。「挑」は、振る、揺り動かすの意だが、ここでは、かざす、というほどの意。「化女髻」(新御伽婢子)巻一の二に「漸火を挑来る、…主従血をした
21. えき‐ろ【駅路】
日本国語大辞典
関屋に関守る人を替へたり」*日葡辞書〔1603~04〕「Yeqiro (エキロ)。ウマヤヂ」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕一・男自慢「爰は駅路(エキロ)なら
22. え・る[ゑる]【彫・雕・鐫】
日本国語大辞典
将に寺に送らむと欲(す)」*観智院本類聚名義抄〔1241〕「雕 ヱル キザム」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕六・蛇身往生「身の皮鱗(かはうろこ)立て木にえり
23. 伽婢子 2 171ページ
東洋文庫
近世初期の寛文六年(一六六六)三月の刊。一三巻六八話という、大部の怪異謂集である。従来書名を示すに『御伽婢子』(外題)と『伽碑子』(内題)の二様があったが、本書
24. 伽婢子 2 213ページ
東洋文庫
該本が「伽」にあやかろうとした最初の書と考えられるが、続いて『新御伽婢子』(六巻、天和三年刊)、『御前於伽』(六巻、元禄一五年刊)、『拾遺御伽婢子』(五巻、宝永
25. 伽婢子 2 216ページ
東洋文庫
左肩双辺(原) 嵩』センチ×ω6センチ 「をとぎぱうこ」(巻一・三・五・七・九・十一・十三) 「御伽婢子」(巻二・四・六・八・十・十二)目録 「伽碑子惣目録」(
26. 伽婢子 2 221ページ
東洋文庫
藍色表紙(原)86センチ×一㎝6センチ。題簽 左肩双辺(原)一90。セソ チ×斜●Oセンチ。「新板」の角書に「御伽婢子一(1六)」。柱刻は「伽子巻一(1十三)l
27. 御伽物語(仮名草子集) 476ページ
日本古典文学全集
しゃがれる。名刀が身を守る伝承は多い。『諸国百物語』巻一の二「座頭旅にてばけ物にあひし事」、『新御伽婢子』巻四「名剣退蛇」、『新説百物語』巻四「仁王三郎脇指の事
28. おめき‐さけ・ぶ[をめき‥]【喚叫】
日本国語大辞典
04〕「Vomeqisaqebi, bu, saqenda (ヲメキサケブ)」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕二・樹神罸「是より男狂乱しておめきさけび」
29. 怪談
世界大百科事典
(1698)など,話の種としての中国怪談紹介のブームの中で,浅井了意は《剪灯新話》をもとに《御伽婢子(おとぎぼうこ)》(1666)を書いて新しい文学的境地を開い
30. 怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)
日本大百科全書
民間説話の集録を企て、鈴木正三の『因果物語』(1661)は仏教思想の宣伝を図り、浅井了意の『御伽婢子おとぎぼうこ』(1666)は中国文学の翻案を試みたもので、そ
31. 怪異談牡丹灯籠
世界大百科事典
1341-1427)の小説《剪灯新話(せんとうしんわ)》を,1666年(寛文6)浅井了意が《御伽婢子(おとぎぼうこ)》として翻案。その中の《牡丹灯記》は,山東京
32. かいだんぼたんどうろう【怪(異)談牡丹燈籠】
歌舞伎事典
1341‐1427)の小説《剪燈新話(せんとうしんわ)》を寛文六(1666)年、浅井了意が《御伽婢子(おとぎぼうこ)》として翻案。その中の《牡丹燈記》は、山東京
33. かいろう の 衾(ふすま)
日本国語大辞典
偕老の契りを結ぶ寝床。*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕五・沈香合「夜半の鐘に枕をならべては偕老(かいらう)のふすまをうれしとよろこび」
34. かき‐け・つ【掻消】
日本国語大辞典
台(うてな)のうへに、三明の悟りを期せむといひて、かきけつやうにかくれぬれば」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕三・両妻夫割「おんな東西へ別れ行と見えしが。かき
35. か‐ざい【家財】
日本国語大辞典
判記・色道大鏡〔1678〕五「遊興のみ心にありて、家財のつくるところをしらず」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕一・髑髏言「我奪し家財(カザイ)をとり戻ししかも
36. かぜ‐まぜ【風交】
日本国語大辞典
頃〕春上・三八「春べとは思ふ物から風まぜにみ雪ちる日はいとも寒けし〈伏見院〉」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕三・雨小坊主「ある夜雨しめやかに降て風まぜなるに
37. かぜ を 食(く・くら)う
日本国語大辞典
事を察知したり、感づいたりする。多くは悪事が露見して逃げ去る場合などにいう。*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕一・遊女猫分食「早此音に風くふて、いづち行きけん」
38. 風を=食う〔=食らう〕
故事俗信ことわざ大辞典
事を察知したり、感づいたりする。多くは悪事が露見して逃げ去る場合などにいう。 浮世草子・新御伽婢子(1683)一・遊女猫分食「早此音に風くふて、いづち行きけん」
39. 仮名草子画像
日本大百科全書
がみ』(1660刊)。(2)娯楽的なもの 三浦為春の『あだ物語』(1640刊)、浅井了意の『御伽婢子おとぎぼうこ』(1666刊)。(3)実用本位のもの 中川喜雲
40. 仮名草子
世界大百科事典
もじった《尤(もつとも)草紙》《仁勢(にせ)物語》,翻訳物の《伊曾保物語》《棠陰比事(とういんひじ)》《御伽婢子(おとぎぼうこ)》,また,噺本としての《醒睡笑》
41. かなぞうし【仮名草子】
国史大辞典
代表的作家が出現した。了意の『浮世物語』には新しい時代の息吹きが窺われ、中国怪談を翻案した『御伽婢子』などの一連の作品は近世怪異小説の基盤となった。仮名草子の作
42. かる‐わざ【軽業・軽技】
日本国語大辞典
たる大男の、わげものを飛びくぐるを見たまへ。かやうのかるわざはとてもなるまじ」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕三・野叢火「猿の面(をもて)着たるおのこ縄をつた
43. 干将莫耶
故事俗信ことわざ大辞典
鉄がうまく溶け合って、陰陽二振りの名剣ができたという「呉越春秋‐闔閭内伝」の故事による。 浮世草子・新御伽婢子(1683)六・蛇身往生「人々驚又寄(より)てしめ
44. かんしょう 莫邪(ばくや)が剣(つるぎ)
日本国語大辞典
中国春秋時代の刀工干将がきたえた名剣。干莫。*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕六・蛇身往生「人々驚又寄(より)てしめころせども、一身金剛のごとく堅固なれば盤石を
45. 奇異雑談集
世界大百科事典
《剪灯(せんとう)新話》等から4話を集めている。怪談集は仮名草子に《お伽物語》《因果物語》《御伽婢子(ぼうこ)》などがあるが,成立がそれらより古いとなれば,江戸
46. き‐ずい【奇瑞】
日本国語大辞典
477〕九・孝武本紀「かかる奇瑞こそあれとて諸侯に風諭するそ晉灼か符は瑞なり」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕三・夢害妻「いかさま名剣なるが奇瑞(キズイ)など
47. きち‐ずい【吉瑞】
日本国語大辞典
あれ三吉野や吉瑞を、現す魚のおのづから、生き返るこの占方頼もしく思しめされよ」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕五・人魚評「かかる目出度類(たぐひ)是吉瑞(キチ
48. き‐と
日本国語大辞典
つ」*大乗院寺社雑事記‐寛正六年〔1465〕一二月一四日「きと注進申入候之由」*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕二・髪切虫「〓(キ
49. きょう‐きょう【洶洶・匈匈】
日本国語大辞典
〔形動タリ〕(1)さわがしいさま。また、どよめくさま。*浮世草子・新御伽婢子〔1683〕四・禿狐「清々冷々たる事他に異にしていかなる旱魃(かんばつ)にも水かはく
50. 金鰲新話
世界大百科事典
流行に一役買っている。浅井了意の《御伽婢子(おとぎぼうこ)》の〈歌を媒として契る〉は〈李生窺牆伝〉の翻案と見られる。大谷 森繁 金時習 李生窺牆伝 御伽婢子(お
「御伽婢子」の情報だけではなく、「御伽婢子」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

御伽婢子と同じ仮名草子・浮世草子カテゴリの記事
御伽物語(日本古典文学全集)
【現代語訳】第一荒れ果てた寺を再興した僧の事昔の人で、時を惜しんで、灯を掲げ、夜を昼のように明るくして、続けて過した人がいる。それなのにあなたはなぜ、時を惜しまずお眠りなさるのか。私のような、聞いた片端から忘れる
浮世物語(日本古典文学全集)
【現代語訳】一浮世という事「ちょっと古くなりましたが、俗謡の『おかしなものだ、心というのは、自分のものでありながら、少しもままにならぬとは』という歌を、身分ある人も庶民も、男も女も、老人も若者も、みなうたっていま
御伽婢子(国史大辞典・世界大百科事典・日本国語大辞典)
仮名草子、怪異小説集。浅井了意作。十三巻十三冊、六十八話。寛文六年(一六六六)刊。中国の『剪燈新話』『剪燈余話』や『霊鬼志』『博異志』などの伝奇・志怪小説に構想を仰ぎ、舞台を室町時代に移して怪奇と浪漫、数奇な人生を雅趣豊かな文体で描く。『新御伽婢子』
好色一代男(井原西鶴集)(日本古典文学全集・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
けした所が恋のはじまり桜もすぐ散ってしまって嘆きの種だし、月も限りがあって山の端にはいってしまう。そんなはかない眺めよりもと、限りのない、女色・男色の二道に打ち込んで、夢介と替名を呼ばれる太尽は、その
仮名草子・浮世草子と同じカテゴリの記事をもっと見る


「御伽婢子」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
五十年忌歌念仏(近松門左衛門集)(日本古典文学全集)
上之巻〔一〕深草の少将の通い車は、小町の実のない情けにのせられた結果であり、吉田の少将が寝間に残した扇は、班女が親方に追放されるもとになり、行平の形見の烏帽子は、松風・村雨に待つ気を起させた
野ざらし紀行(甲子吟行)(日本大百科全書・世界大百科事典)
芭蕉(ばしょう)の俳諧(はいかい)紀行。一巻(一冊)。別名「甲子吟行(かっしぎんこう)」。1685年(貞享2)成立。書名は冒頭の句「野ざらしを心に風のしむ身哉(かな)」による。1684年8月門人千里(ちり)を伴い、芭蕉は深川の草庵(そうあん)を
好色一代男(井原西鶴集)(日本古典文学全集・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
けした所が恋のはじまり桜もすぐ散ってしまって嘆きの種だし、月も限りがあって山の端にはいってしまう。そんなはかない眺めよりもと、限りのない、女色・男色の二道に打ち込んで、夢介と替名を呼ばれる太尽は、その
とはずがたり(日本古典文学全集)
〔一〕一夜のうちに立春となったことを告げる霞を、今朝はあたかも待ちかまえていて出仕したかのように、女房たちは華やかに着飾り、妍を競って並んでいるので、わたしも人並に御所に出仕した。その時の衣装はつぼみ紅梅だったか、七つ襲に紅の袿
海道記(中世日記紀行集)(日本古典文学全集)
〔一〕白川の辺り、中山の麓で、世を避けて、ひっそりと質素に侘住いをしている者がいる。生れついて才能がなく、能力を得ようとし学芸を習っても身につかない。もともと身の運に恵まれていないのだから、果報のつたなさを恥じ、運命を顧みて
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶