ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 交通機関
  8. >
  9. 電車・鉄道・飛行機
  10. >
  11. 蒸気機関車

蒸気機関車

ジャパンナレッジで閲覧できる『蒸気機関車』の日本大百科全書・世界大百科事典のサンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

蒸気機関車
じょうききかんしゃ
steam locomotive

蒸気機関を原動機とする機関車。略してSLともいう。

[松澤正二]

歴史

蒸気機関を鉄道車両に応用して蒸気機関車をつくったのは、イギリスのトレビシックで、1804年初めてレールの上を走らせた。その後、1825年にスティーブンソンのロコモーション号は、ストックトンとダーリントン間で世界最初の鉄道営業運転に使用された。さらに、1829年、スティーブンソンの息子のロバート・スティーブンソンのつくったロケット号が、リバプールとマンチェスター間で使用する機関車の競作で優勝し、翌年からの営業運転に使用されてから、蒸気機関車の優れた性能と、その実用化の可能性が一般に認識されるようになった。

 このロケット号の構造は、スティーブンソン式弁装置を有し、煙管式ボイラー、燃焼をよくするための排気機構、ピストンの力を直接主連棒により動輪に伝える方式など、機関車の機構の基本となりうるものをもっていた。その後の蒸気機関車は、これらが踏襲され幾多の改良が加えられて発達し、世界の鉄道の発展の原動力となった。

 日本での実用の蒸気機関車は、イギリスに遅れること47年の1872年(明治5)新橋―横浜間の開業に先だち、前年にイギリスから輸入された10両が最初である。1880年に北海道の幌内鉄道 (ぽろないてつどう)がアメリカから、89年に九州鉄道がドイツから、それぞれ機関車を鉄道技術とともに輸入し、その後も官設鉄道をはじめ各私設鉄道でも引き続いて輸入した。国産最初の機関車は、1893年に官設鉄道の神戸工場でイギリス人技師の指導により製作された機関車(860形)が第1号である。続いて1895年北海道炭礦 (たんこう)鉄道で、日本人だけの手で製作された機関車「大勝号」(7150形)が第2号である。

 その後民間の機関車製造会社も設立され、国産も盛んに行われた。1906年(明治39)鉄道国有化後に形式が標準化され、機関車製造技術も向上し、国産奨励のためから、大正以降は特別な機関車を除いては、すべて国産されることになった。本格的な国産機関車は1913年(大正2)の貨物用9600形であり、翌年の旅客用8620形である。1919年には当時の狭軌鉄道では最大の動輪径1750ミリメートルをもつ幹線旅客用C51形が、23年には強力な幹線貨物用D50形が製造され、世界的水準に達した。

 昭和に入り1928年(昭和3)世界的な趨勢 (すうせい)により、3シリンダーのC53形急行旅客用機関車が幹線用に製造された。それまでの機関車の設計と使用実績から研究と改善の結果、36年以降、標準近代形機関車として、幹線貨物用D51形、同旅客用C57形、幹線旅客用C59形、同貨物用D52形、ローカル線万能機のC58形などが続々と製造され、蒸気機関車の最盛期と同時に第二次世界大戦を迎えた。戦後は急増する旅客輸送に対応するため、幹線旅客用では、日本最大のC62形が、勾配 (こうばい)区間用としてE10形が製造されたが、これを最後に動力の近代化のため新規製造は打ち切られた。

 鉄道の発展に寄与してきた蒸気機関車は、構造が比較的簡単なうえじょうぶで、製作費も安く、かなり無理な運転が可能などの特長があるが、エネルギー効率が悪く、そのうえ煙の排出により乗務員・乗客に不快感を与え、保守、運用にも難点が多く、ついに効率のよい電気機関車やディーゼル機関車に職場を譲った。現在、鉄道先進国においては蒸気機関車はほとんど使用されていない。

[松澤正二]

種類

形態

テンダー機関車とタンク機関車がある。テンダー機関車は、石炭と水を積載する炭水車(テンダー)を連結しているため、長距離運転に有利であるが、前進方向が運転正位のため、折り返し運転には転向装置(ターンテーブル)が必要である。タンク機関車は、炭水車を有せず、機関車の一部に石炭と水を積載するため、炭水の量が少なく長距離の運転には向かないが、前後進が容易な利点がある。なお、炭水の量によって機関車の重量が変化するので、牽引 (けんいん)力にも影響がある。

[松澤正二]

使用目的

旅客用、貨物用、入換え用がある。旅客用は高速運転の必要から、動輪数が少なく動輪直径が大きい。貨物用は牽引力を大きくする必要から、動輪数が多く動輪直径が小さい。入換え用は小型のタンク機関車が用いられる。なお、勾配区間では旅客列車用にも貨物用の機関車を充当し、また、重量列車の牽引には2~3両の機関車を連結した重連運転を行うこともある。

[松澤正二]

使用蒸気の性質

飽和式と過熱式とがある。飽和式は、ボイラーで発生した蒸気をそのまま使用するもの。過熱式は、飽和蒸気を過熱管でさらに高温処理をして使用する方式である。明治末からはすべて効率のよい過熱式が使われている。

[松澤正二]

蒸気の使い方

複式と単式がある。複式は、一度シリンダー内で使用した蒸気を、もう一度他のシリンダーで使用する方式である。単式は、1回の使用で排出する方式で、新型機関車は大部分が過熱式の単式である。

[松澤正二]

シリンダーの数

(1)左右に1個(1対 (つい))の2シリンダー式、(2)中央にもう1個を有する3シリンダー式、(3)2対のシリンダーをもつ4シリンダー式(マレー式を除く)がある。普通は2シリンダー式である。

[松澤正二]

特殊機関車

(1)シリンダーと走り装置を2組もったマレー式機関車、(2)歯形レールを使って走るアプト式機関車、(3)前後の2台の炭水車に走り装置をもち、それらをボイラーの台枠で橋渡ししたガラット式機関車、(4)シリンダーを縦位置に取り付けて、クランク軸の傘形歯車で動輪を回すシェイ式機関車、(5)据え付けのボイラーから蒸気だけをタンクに充填 (じゅうてん)して走る無火 (むか)機関車などがある。

[松澤正二]

構造

大別すると、台枠、ボイラー、走り装置、ブレーキ装置、補助装置、運転室、炭水車などに分けられる。

[松澤正二]

台枠

機関車の骨格に相当するもので、ボイラーと運転室が据え付けられ、シリンダーとこれに関連する走り装置、前後輪の台車、連結器などが取り付けられている。

[松澤正二]

ボイラー

蒸気発生装置で、横長の円筒形状のもの。運転室側には火室があり、そこから燃焼ガスを導く煙管 (えんかん)と、その周囲の水の入る缶胴と、ガスや煙を排出する煙突のある煙室部から成り立っている。ボイラーの付属機器には給水温め器、給水ポンプ、注水器などがある。

[松澤正二]

走り装置

シリンダー内のピストンを円滑に往復させる弁装置と、ピストンの往復運動を動輪へ回転運動に変えて伝える主連棒や、動輪などから成り立っている。

[松澤正二]

ブレーキ装置

運転の安全を確保するため、速度の調整と停止に必要な機構。ブレーキ装置の制動力を加減させる部分と、これを伝える部分とから成り立っている。付属機器には空気圧縮機がある。

[松澤正二]

補助装置

砂まき装置、潤滑装置、点灯装置、消煙装置、水まき装置、自動給炭装置、自動列車停止装置、暖房装置などがある。いずれも機関車の安全円滑運転に必要なものである。

[松澤正二]

運転室

機関車の運転操作をするところである。全体を覆う屋根と囲みからなり、火室に面して左側が機関士席、右側が機関助士席である。機関士席には加減弁ハンドル、ブレーキ弁ハンドル、逆転機ハンドルなど運転操作に必要な機器類があり、中央上部には各種圧力計、蒸気分配箱、水面計などがある。助士席には注水器がある。また、中央下部には火室のたき口とその操作機器がある。これらは、機関車が正常な運転を続けるに必要な各部の状態の看視機能と補助機能の機器類である。

[松澤正二]

炭水車

運転に必要な石炭と水を積載する車両。一般には機関車の付属物として、機関車に含まれるものとされている。

[松澤正二]

走行作用

たき口から火室内に投入された石炭(重油燃焼はバーナーによる)は、燃焼室(火室)で燃焼する。そこで生じた燃焼ガスと煙は大煙管と小煙管を通り、煙管周囲の水に熱を与え蒸気を発生させて、煙室から煙突によって排出される。

 発生した飽和蒸気は蒸気ドームにたまり、機関士が発車のため加減弁ハンドルを引くと、蒸気は加減弁から乾燥管を通って過熱管寄 (かねつかんよ)せに入り、過熱管より大煙管内を2往復して過熱蒸気(300℃前後)となり、ふたたび別の過熱管寄せから蒸気管を通ってシリンダー内に入る。

 シリンダーに入った蒸気は、弁装置によりピストンの前後に交互に入り、ピストンを往復させて、吐出し管から煙突を通って外へ排出させる。このときに煙室内の燃焼ガスや煙を誘い出して、火室の火床上の通風をよくする。

 ピストンとピストン棒の往復運動は、滑り棒を滑るクロスヘッドとこれに結ばれた主連棒によって、主動輪のクランクピンに作用して回転運動となり、動輪が回転する。同時に連結棒に結ばれた他の動輪も回転する。

[松澤正二]



世界大百科事典

蒸気機関車
じょうききかんしゃ

ボイラーをもち,蒸気機関を原動機とした機関車。日本では英語のsteam locomotiveの頭文字をとってSLと略称されることも多い。

発達と衰退の歴史

蒸気機関で車輪を回して走る蒸気車が出現したのは,J.ワットが蒸気機関を発明してまもなくの1769年で,フランスのN.J.キュニョーによって試みられ,ふつうの道路を時速3.6kmの速さで15分間走行したといわれている。蒸気機関車を発明したのはイギリスのR.トレビシックで,彼はそのころ広く敷設されていた馬車鉄道に着目し,そのレール上を走る蒸気機関車を1804年に製作した。08年には公開実験も行われたが,当時のレールでは機関車の重さに耐えられず,トレビシックの考案は注目を浴びるまでには至らなかった。14年ころから蒸気機関車の研究と製作を進めていたG.スティーブンソンは,25年ストックトン~ダーリントン間に世界初の公共鉄道が開通したとき,彼の製作になるロコモーションLocomotion号を開業式当日自ら運転し,90tの列車を毎時16~19kmで運転してその実用性を世に示した。しかし蒸気機関車が馬車鉄道よりはるかに優れたものとして真に認められるようになったのは,これより4年後の29年,リバプールとマンチェスター間の鉄道開設時の懸賞運転で,G.スティーブンソンが息子のロバートとともに作ったロケットRocket号が他の2台の機関車を押さえて優勝し,その優れた性能が確認されてからである。ロケット号は客車1両を引いて最大時速46kmで48kmを完走したが,ボイラー構造や車輪に動力を伝達する機構などは現在の蒸気機関車と大差なく,以後,蒸気機関車は急速に進歩発達を遂げるようになった。

 日本には天保年間(1830-44)ころから蒸気機関車に関する知識が伝わっていたが,それが具体的に深まる契機となったのは,蒸気機関車の模型がもたらされてからである。1853年(嘉永6)開港を求めて長崎に入港したロシア使節E.V.プチャーチンは蒸気機関車の小型模型を披露し,翌年2度目のペリー来朝のときには将軍家定へフィルモア・アメリカ大統領から蒸気機関車と客車の模型が献上され,横浜の応接所裏でアメリカ人による運転が行われており,55年(安政2)には佐賀藩によって模型の製作,運転もなされた。72年(明治5)品川~横浜間に鉄道が開業したが,機関車は前年にイギリスから輸入したものを使用した。87年には,初めてアメリカ製機関車が輸入され,以後しだいにアメリカ製が多くなるが,ドイツ,スイスからも数は少ないが輸入されている。国産機関車は,92年鉄道監察方であったイギリス人,R.F.トレビシックの指導のもとに鉄道庁・神戸工場で1B1形飽和複式機関車(860形式)が製作されたのが最初で,明治の終りには,国内製作の方針と機関車工業の発達によって,輸入しなくてもすむようになり,1913年には国産で最初の過熱機関車1D形の9600形式が製造された。

 蒸気機関車は,陸上交通機関の雄として長年にわたって活躍し,その両数の増大とともに,牽引力,速度,熱効率などの性能向上も盛んに研究され,いろいろなタイプのものが考案され実用化された。しかし,第2次世界大戦を境にしてしだいに衰退の一途をたどることになる。これは,ディーゼル機関や電動機が発明され,第1次世界大戦ころから機関車に適するような軽量,小型,大出力のディーゼル機関などの開発と液体変速機などの動力伝達装置の急速な発展が相まって,優れたディーゼル機関車や電気機関車が出現するようになったためである。ディーゼル機関車や電気機関車に比べると蒸気機関車は,熱効率が低いため動力費がかさみ,また給水・給炭作業を比較的頻繁に行う必要があるので長距離走行には不利で,機関車運用効率が悪く折返し時間も長くかかる。また低速での引張り力が低く,運転操作も容易ではなく,多量のばい煙は旅客からきらわれるなどの欠点が目だち,しかも安価で豊富な石油が得られたことも蒸気機関車には不利に働き,しだいにディーゼル機関車や電気機関車に置き換えられるようになった。とくにアメリカでは積極的なディーゼル化が進められ,他の各国も程度の差はあっても蒸気機関車を廃するようになり,現在,蒸気機関車を主力として使用している国はきわめて少なくなっている。日本でも,1936年にはおよそ8700両,第2次大戦終戦後も5000両を超えていた蒸気機関車は,60年から始まった国鉄(現JR)の動力近代化によって急減し,76年には営業運転を停止した。現在では梅小路機関区に代表形式が保存されている。なお私鉄の大井川鉄道など,一部では蒸気機関車の運転が行われているものの,これはあくまで観光客を対象にした例外的なものである。

蒸気機関車の種類

蒸気機関車は,炭水車の有無,用途,使用蒸気の性質,蒸気の使用方法,車輪の配置などによって分類される。

 ボイラー付きの車体自身に石炭や水を積み込めるものをタンク機関車,燃料や水は炭水車と呼ばれる車に積み込み,これをボイラー付車体と連結したものをテンダー機関車という。前者は主として短距離用で,前後の見通しも利くから入換え用としても適しており,後者はボイラーや炭水車を大型にできることから重量列車や長距離用として使用される。一般に高速旅客列車用としては動輪径を大きくし,速度より大きな牽引力を必要とする貨物用には動輪数を増やし大きなシリンダーをもった機関車とする。

 ボイラーで発生したままの蒸気(飽和蒸気)を火室あるいは煙道などの高熱ガスで加熱してから蒸気シリンダーに送るものを過熱(蒸気)機関車,飽和蒸気をそのまま使用するものを飽和(蒸気)機関車といい,前者は高温蒸気が得られるので熱効率がよく経済的であることから蒸気機関車の主流となった。また一度使用した蒸気をさらに別のシリンダーに送って再利用するものを複式機関車と呼ぶ。複式機関車は蒸気の使用効率はよいが複雑な構造となるため,効率のよい過熱機関車の登場によりだんだんと消え去っていった。

 機関車の各動輪は連結棒で互いに結ばれており,曲線通過のためある程度の融通性をもっているが,曲線通過をさらに容易にし,直線区間では蛇行動を制限するような先輪または先台車と呼ばれる,動輪より直径の小さい車輪を動輪の前に有するものが多い。また,線路や橋梁(きようりよう)の強度上各車輪上の重量が制限されているため,重量の大きい機関車では,動輪のほかに従輪あるいは従台車と呼ばれる小径の車輪を動輪の後ろに配する場合もある。機関車の車輪配置による分類,呼び方は国によって異なり,アメリカのように車輪配置に対しそれぞれ特殊な名称を付けたり,車輪の数に応じて6輪式とか8輪式と呼ぶ例や,イギリスのように先輪,従輪のないものは連結動輪の数に応じて4輪連結とか6輪連結と呼ぶなどさまざまである。アメリカのF.ホワイトが提唱した,先輪,動輪,従輪の順にそれぞれの車輪数で表す方式(ホワイト式)は,簡単で機関車の形態がよくわかることから各国で広く用いられている。日本の国鉄では,1906年の国有化後にそれまでまちまちであった呼び方を統一し,タンク機関車は4000代まで,テンダー機関車は5000代以上とし,連結動輪数により形式番号を表すようにした。さらに28年からは動軸が1軸(片側の動輪1個)のものをA,2軸をB,3軸をCなどのようにし,これに先軸,従軸の数を数字で前後の順に並べた。また個々の形式については,動軸数を表すアルファベットの次にタンク機関車は10~49,テンダー機関車は50~99の数字を並べ,さらに以下に製造順の車両番号を付した。なお,炭水車は燃料積載量(t)と水タンク容積(m3)で表し,自動給炭機付きのときはSを付した(表)。

大きさと速度の記録

大きな蒸気機関車としては,1919年アメリカのボールドウィン・ロコモーティブ社が製造したものと,41年アメリカン・ロコモーティブ社が製造したものが代表的なものである。前者は,軸配置1-D-D-D-1(動輪4個が1組のもの3組とその前後に先輪,従輪を配したもの)で,全長31.4m,総重量387t,シリンダー牽引力72.6t(日本のD51の約4倍)であった。後者はビッグボーイBig Boyの愛称をもち,軸配置2-D-D-2,全長25.9m,総重量508t,シリンダー牽引力61.5tであるが,動輪径が1727mmもあり最高時速は130kmも出せるので,機関車出力(牽引力×速度)では世界最強の蒸気機関車といえる。速度記録としては,1938年イギリスのマラードMallard号による時速202.8kmがあり,日本では,54年C62形式が時速129kmを記録している。
[福田 信毅]

[索引語]
steam locomotive SL トレビシック,R. スティーブンソン,G. ロコモーション号 ロケット号 複式機関車 過熱機関車 炭水車 タンク機関車 テンダー機関車 飽和機関車 先輪 先台車 従輪 従台車 ホワイト式 ビッグボーイ Big Boy マラード号 C62
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


蒸気機関車の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 269
検索コンテンツ
1. 蒸気機関車画像
日本大百科全書
機関車の機構の基本となりうるものをもっていた。その後の蒸気機関車は、これらが踏襲され幾多の改良が加えられて発達し、世界の鉄道の発展の原動力となった。 日本での実
2. 蒸気機関車画像
世界大百科事典
動力を伝達する機構などは現在の蒸気機関車と大差なく,以後,蒸気機関車は急速に進歩発達を遂げるようになった。 日本には天保年間(1830-44)ころから蒸気機関車
3. じょうき‐きかんしゃ[‥キクヮンシャ]【蒸気機関車・蒸汽機関車】
日本国語大辞典
の電化〈関四郎〉「蒸気機関車で一〇〇〇分の一〇の勾配を登る時よりも遙かに楽々と、高速度に、日本最長の清水トンネルを走り過ぎ」*炎の人〔1951〕〈三好十郎〉四「
4. 蒸気機関車の構造(C62形)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©渡部利久
5. 蒸気機関車発展の系譜[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
6. うめこうじ‐じょうききかんしゃかん[うめこうぢジョウキキクヮンシャクヮン]【梅小路蒸気機関車館】
日本国語大辞典
鉄道創業一〇〇年を記念して、旧国鉄が京都の梅小路機関区に設置した蒸気機関車の博物館施設。国産の代表機関車一六形式一七両が保存され、うち数両は実際に走れるように動
7. 大勝号蒸気機関車[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
北海道炭礦鉄道たんこうてつどうが製作した7150形蒸気機関車。1895年(明治28)製造。2番目の国産機関車で、現存する最古の国産蒸気機関車である。名は、完成時
8. D51型蒸気機関車
日本史年表
1936年〈昭和11 丙子〉 12・12 D51型蒸気機関車 の生産開始。
9. 日本のおもな蒸気機関車(1)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
10. 日本のおもな蒸気機関車(2)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
11. 蒸気機関車 : 図-蒸気機関車の構造(C62)画像
世界大百科事典
12. SL[欧文略語]
情報・知識 imidas
(1)[steam locomotive]【機械・工業製品】蒸気機関車 (2)[sleep learning]【教育】睡眠学習 (3)[smart lan
13. 阿川 弘之
日本近代文学大事典
備えている。 1975(昭和50)年、遠藤周作、北杜夫とヨーロッパ講演旅行。5月、随筆集『蒸気機関車』を平凡社より刊行。この時期には、機関車をはじめとする「乗り
14. あぎふぃーぐるまー【上―車】[方言]
日本方言大辞典
(「あぎ」は陸、「ふぃーぐるまー」は蒸気車)蒸気機関車。 沖縄県首里993沖縄語辞典(国立国語研究所)1963
15. あさひちよう【朝日町】北海道:上川支庁
日本歴史地名大系
同一四年士別・上士別間を運行していた士別軌道株式会社の馬車鉄道が奥士別市街まで延長され、昭和三年には蒸気機関車が導入された。同五年市街地より上似地区への森林鉄道
16. あそぐん【安蘇郡】栃木県
日本歴史地名大系
安蘇馬車鉄道が全線開通し貨物輸送が活発となった。同二六年佐野鉄道会社として再発足、翌年から蒸気機関車による営業が開始された。同四五年同社は東武鉄道と合併、大正三
17. アブドゥッラー物語 あるマレー人の自伝 280ページ
東洋文庫
印刷され、親指くらいの厚さの本になった。その本には他にさまざまなことが、蒸気の有用さとか、蒸気機関車のことなどがつけ加えてあった。もしも、この本を読みたいと思う
18. アプト式鉄道画像
日本大百科全書
7‰(水平距離1000メートルに対し高さ66.7メートルの勾配)に敷設された。ここでは当初、蒸気機関車であったが、1912年(明治45)電化により電気機関車に変
19. アプトしきてつどう【アプト式鉄道】
国史大辞典
日本では明治二十六年(一八九三)四月一日に開通した信越線横川―軽井沢間(一一・二キロ)で採用された。当初は蒸気機関車を用いたが、同四十五年五月から電気機関車にか
20. アメリカ合衆国画像
世界大百科事典
反映したこの19世紀後半は,一口にいって蒸気機関と鉄の時代,あるいは鉄道建設の時代であったといえる。蒸気機関車と蒸気船が急速に輸送の中心となったが,とくに鉄道は
21. アメリカ彦蔵自伝 1 112ページ
東洋文庫
いずれも短距離を走るに過ぎず、しかも    馬力(または風力)によるものであった。    やがて蒸気機関車が用いられるに至り、    四〇年代以後は急速に発達す
22. いいおかまち【飯岡町】千葉県:海上郡地図
日本歴史地名大系
明治三〇年総武鉄道が開通するが、この路線は旭町(現旭市)より飯岡町を経て銚子町に通じる計画であった。蒸気機関車の火の粉により萱葺の屋根が火災になり、またその振動
23. 一号機関車
日本大百科全書
イギリスから輸入された5形式10両の機関車群のうちの1両。1871年バルカン・ファンドリー社製の150形蒸気機関車で、1B型(種別)のタンク機関車である。明治末
24. いちはらし【市原市】千葉県地図
日本歴史地名大系
画され、昭和三年には上総中野(現大多喜町)まで開通、市域の南北を結ぶ幹線となった。小湊鉄道蒸気機関車は県指定文化財。養老川流域や北部沖積低地は古くからの水田地帯
25. いなわしろまち【猪苗代町】福島県:耶麻郡
日本歴史地名大系
川桁駅と鉱山近くの大原駅(のち沼尻駅と改める)とを結んで軌道馬車が運転を開始、翌三年からは蒸気機関車を導入した。耶麻軌道と称していたこの路線は昭和一九年には沼尻
26. 今庄
日本大百科全書
げを控えて、中心の今庄地区は昔は重要な宿場町であった。北陸本線開通後も、木ノ芽山地を重連の蒸気機関車で越えたため、機関車基地の鉄道の町として栄えたが、電化と北陸
27. EPレコード
日本大百科全書
EPレコードやコンパクト盤に収録された内容は、ポピュラー曲のほかに演奏時間の比較的短いクラシック音楽、さらに蒸気機関車の走行音や野鳥のさえずりなど音楽以外の音も
28. ウィーン画像
世界大百科事典
ーダーマイヤー期〉が始まる。23年には〈ドナウ蒸気船運航会社〉ができ,また37年には最初の蒸気機関車がウィーンを発車する。しかし政治的には,三月前期のオーストリ
29. 駅(鉄道)画像
日本大百科全書
、旧駅舎は取り壊された)は仏都にふさわしい寺院風建築であった。また、京都の旧二条駅(梅小路蒸気機関車館に移築保存。2016年4月より京都鉄道博物館で展示)、山陰
30. SL
日本大百科全書
蒸気機関車
31. エス‐エル【SL】
日本国語大辞典
〔名〕({英}steam locomotive の略)蒸気機関車〓[0]
32. SL【2019】[欧文略語【2019】]
現代用語の基礎知識
蒸気機関車
33. えとうきどう【江当軌道】北海道:石狩支庁
日本歴史地名大系
で、そこから自動車輸送で石狩川対岸江別市街の函館本線江別停車場まで連絡した。営業開始当初は蒸気機関車による運行で、同四年にはガソリン車も購入して併用した。しかし
34. エネルギー画像
日本大百科全書
産業革命の全ヨーロッパ的展開による蒸気機関の普及と鉄道の発達は、エネルギー保存則成立への第一の前提となった。蒸気機関車はエネルギー転換装置の典型として当時の人々
35. エリクソン(John Ericsson)
世界大百科事典
1803-89 スウェーデン生れの技術者。1826年ロンドンに渡り,当地で蒸気機関車を製作,レーンヒル鉄道での機関車競走に参加したが,G.スティーブンソンに敗れ
36. エリトリア画像
日本大百科全書
奥野保男自然小さな国ながら、中部高原にある首都アスマラから紅海に面した第2の都市マッサワまで、蒸気機関車やバスによる旅の2時間で三つの季節を体験できるといわれる
37. エンゲルト(Engerth, Wilhelm Freiherr von)
世界人名大辞典
を走る山岳蒸気機関車を開発した[1854].グラーツのヨハネウム応用科学大学の機械工学の教授に就任[44],急峻で急カーブの山岳軌道でも動力部分がヒンジ構造とし
38. 追分(北海道)
日本大百科全書
の中継地としての役割はなくなった(石勝線新夕張―夕張間の夕張支線は2019年4月に廃止)。蒸気機関車などを展示する鉄道資料館がある。国道は234号が通じる。新千
39. おいわけちよう【追分町】北海道:胆振支庁
日本歴史地名大系
・四千一三七人(前掲町史、平成一三年「北海道自治年鑑」)。白樺二丁目にある鉄道資料館には、蒸気機関車D五一−三二〇号や明治二三年製造を嚆矢とする追分最古のレール
40. 青梅丘陵
日本大百科全書
である。ここは、鉄道開通90周年を記念して1962年(昭和37)につくられたもので、実物の蒸気機関車がある。その近くにグランド、体育館、弓道場などのある永山公園
41. おうめ‐てつどうこうえん[あをめテツダウコウヱン]【青梅鉄道公園】
日本国語大辞典
国鉄創業九〇年を記念して、東京西北部の青梅線青梅駅近くに設置された鉄道の博物館施設。歴史的な蒸気機関車などが展示されている。オーメテツドーコーエン
42. 大井川鉄道
世界大百科事典
井川線は千頭から井川までの非電化線で,中部電力の電源開発に関連して建設された。旅客誘致のため蒸気機関車の保存に努めてきたが,76年には国鉄払下げの機関車と客車を
43. おおみやてつどうこうじょう【大宮鉄道工場】埼玉県:大宮市地図
日本歴史地名大系
なかった。昭和二四年日本国有鉄道大宮工場と改称。戦後は蒸気機関車のボイラー一斉取換え、客車の鋼体化を進めてきたが、同四三年には蒸気機関車の修繕をとりやめた。同年
44. おか‐じょうき[をか‥]【陸蒸気】画像
日本国語大辞典
〔名〕(汽船を蒸気船といったのに対して陸を走るところから)明治初期の蒸気機関車の俗称。*歌舞伎・繰返開花婦見月(三人片輪)〔1874〕三幕「もしや二人が陸蒸汽(
45. 陸蒸気[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
明治時代初期の鉄道開業のころ、蒸気機関車は「陸蒸気おかじょうき」とよばれた。文明開化を象徴する鉄道の登場は人々の注目を集め、蒸気機関車は絵師たちにとって格好の題
46. お‐かま【御釜・御竈】
日本国語大辞典
〈坪内逍遙〉九「お釜(カマ)大(だい)の高帽子や」(2)蒸気機関車の異称。*無明長夜〔1970〕〈吉田知子〉一「軽便がお釜(蒸気機関車)を交換するのを見物しに行
47. おし‐ぶた【押蓋】
日本国語大辞典
〈略〉切溜のふたにもり上るほどに入、上より一ぱいのをしふたをしてさかおしにかければ」(2)蒸気機関車などでピストンロッドの摺動を容易にし、蒸気の漏れを防ぐつめ物
48. おもちゃの歴史 101ページ
文庫クセジュ
製品、工学にインスピレーションを得たり(あらゆる種類のモーター、ミニチュアの工場、蒸気船、蒸気機関車、小人向け路電、超小型地下鉄)、時事に発想を得たりしたもの(
49. オーストリア画像
世界大百科事典
進行した。1815年ウィーンの工業大学開校,16年国立銀行創立,37年にオーストリア最初の蒸気機関車が走った。 ウィーン会議から三月革命(48年革命)にかけての
50. オートメーション画像
日本大百科全書
この機関から回転運動を得るために1781年、遊星歯車装置を考案した。そして蒸気機関は工場用動力、蒸気機関車としてその利用範囲は広まり、以後150年間、動力機械の
「蒸気機関車」の情報だけではなく、「蒸気機関車」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

蒸気機関車と同じ電車・鉄道・飛行機カテゴリの記事
モノレール(日本大百科全書・世界大百科事典)
高架に設置された1本のレールを通路として使用しながら走行する旅客輸送鉄道。たいてい2両から6両を1編成とする。ほかの鉄道システムとの相互乗入れは技術的にできない。用地の占有面積が少ないため土地の収用費用は低い。短期間で建設ができる
ユーレイルパス(日本大百科全書)
ヨーロッパ鉄道均一周遊券の名称。ヨーロッパの33か国(アイルランド、イギリス、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、北マケドニア共和国、ギリシア、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、スロバキア、セルビア、チェコ、デンマーク
鉄道(世界大百科事典)
軌道(または軌条)や架線などの固定施設によって拘束され,決められた路線で運転される交通機関の総称。鉄道の経済的側面19世紀は〈鉄道の時代〉といわれる。鉄道は,産業革命の先頭に立ったイギリスから普及しはじめ,19世紀中ごろには西ヨーロッパ全土
地下鉄道(世界大百科事典)
単に地下鉄と略すことが多い。狭義には全線地下に建設された鉄道をいうが,一般には,人口稠密な地域において,主として通勤・通学などを目的とする旅客の大量迅速な輸送を使命とし,その大半の路線を地上に比較して地下に設けることが適当とされ建設された都市高速鉄道
蒸気機関車(日本大百科全書・世界大百科事典)
蒸気機関を原動機とする機関車。略してSLともいう。[松澤正二]▲歴史蒸気機関を鉄道車両に応用して蒸気機関車をつくったのは、イギリスのトレビシックで、1804年初めてレールの上を走らせた。その後、1825年にスティーブンソンのロコモーション号は
電車・鉄道・飛行機と同じカテゴリの記事をもっと見る


「蒸気機関車」は乗り物に関連のある記事です。
その他の乗り物に関連する記事
パイロット(世界大百科事典)
元来は船の操舵者,水先案内人の意であるが,今日では一般に航空機の操縦者を指すようになった。日本の航空法はパイロットの資格を定期運送用,上級事業用,事業用,自家用の4種に分け,さらにそれぞれの資格を操縦しうる航空機の種類によって限定している
飛行機(世界大百科事典)
人間が乗って空気の中を飛ぶ乗物を総称して航空機といい,その中で,ジェットエンジン,プロペラなどの推進装置の力で前進し,その際,固定翼(回転したり,羽ばたいたりすることのない翼)に生ずる動的な上向きの空気力,すなわち揚力によって自分の全重量を支えて飛ぶ
人力飛行機(世界大百科事典)
人間のパワーを利用して飛ぶ飛行機で,FAI(国際航空連盟)のスポーツ委員会によると,次のように定義されている。すなわち,(1)空気より重い航空機であること。熱空気あるいは空気より軽いガスで浮力を助けてはならない,(2)離陸から着陸までの全区間
新幹線(日本大百科全書・世界大百科事典)
日本の主要都市間を結ぶ、時速200キロメートル以上の高速旅客列車専用の特別な鉄道路線。海外でもShinkansenの名称がそのまま使われている。全国新幹線鉄道整備法(昭和45年法律第71号)には時速200キロメートル以上の鉄道と定義されている。一方
蒸気機関車(日本大百科全書・世界大百科事典)
蒸気機関を原動機とする機関車。略してSLともいう。[松澤正二]▲歴史蒸気機関を鉄道車両に応用して蒸気機関車をつくったのは、イギリスのトレビシックで、1804年初めてレールの上を走らせた。その後、1825年にスティーブンソンのロコモーション号は
乗り物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶