ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 寺・神社・教会
  10. >
  11. 正福寺

正福寺

ジャパンナレッジで閲覧できる『正福寺』の日本大百科全書(ニッポニカ)のサンプルページ

正福寺
しょうふくじ

東京都東村山(ひがしむらやま)市野口(のぐち)町にある臨済(りんざい)宗建長寺派に属する禅寺。山号は金剛山(こんごうさん)。開山は文永(ぶんえい)年間(1264~75)没の心月禅師(しんげつぜんじ)、開基は北条時頼(ときより)。本堂には本尊の聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)像が安置されている。境内にある地蔵堂(国宝)は、禅宗様建築の代表とされている鎌倉円覚寺(えんがくじ)の舎利殿(室町時代)とよく似た建築であり、千体地蔵が安置されている。
[菅沼 晃]

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


正福寺の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 566
検索コンテンツ
1. 正福寺
日本大百科全書
東京都東村山(ひがしむらやま)市野口(のぐち)町にある臨済(りんざい)宗建長寺派に属する禅寺。山号は金剛山(こんごうさん)。開山は文永(ぶんえい)年間(1264 ...
2. しょうふく‐じ[シャウフク:]【正福寺】
日本国語大辞典
〔一〕滋賀県甲賀郡甲西町にある浄土宗の寺。山号は大乗山。聖武天皇のとき、良弁(ろうべん)の開基と伝えられる。明暦四年(一六五八)寂誉が再興・改宗。〔二〕東京都東 ...
3. しょうふくじ【正福寺】
国史大辞典
寺田剛編『千体地蔵菩薩縁起』(『東村山市文化財叢書』一)、『東村山市史』、葉貫磨哉「武蔵村山正福寺濫觴考」(『日本歴史』三三九) (葉貫 磨哉) 地蔵堂 方三 ...
4. しょうふくじ【正福寺】茨城県:鹿島郡/波崎町/矢田部村
日本歴史地名大系
[現]波崎町矢田部 神崎山と号し、真言宗智山派。本尊は釈迦如来。寺伝によれば、天和二年(一六八二)聖恵の開山。堂宇は本堂・薬師堂・庫裏・客殿・山門などを備え、寺 ...
5. しょうふくじ【正福寺】愛知県:豊明市/沓掛村
日本歴史地名大系
呼び住職とした。大永年間(一五二一―二八)三河国碧海郡野寺村(現安城市)本証寺末寺として浄土真宗に改宗し、正福寺と称した。本尊は寛永一四年(一六三七)本願寺一三 ...
6. しょうふくじ【正福寺】三重県:鳥羽市/松尾村
日本歴史地名大系
寺には室町時代の木像や青銅の鰐口がある。鰐口は径一尺四寸で「永正五年戊辰四月十五日 願主清閑僧青峯山正福寺鰐口」の銘がある。正保四年(一六四七)の寺院改築の勧進 ...
7. しょうふくじ【正福寺】滋賀県:甲賀郡/甲西町/正福寺村
日本歴史地名大系
[現]甲西町正福寺 丁子にある。大乗山と号し、浄土宗。大日如来と阿弥陀如来の二仏を本尊とする。木造大日如来坐像は平安時代の作とされ、国指定重要文化財。「興福寺官 ...
8. しょうふくじ【正福寺】滋賀県:甲賀郡/甲南町/杉谷村
日本歴史地名大系
。境内の一画には八坂神社を祀る。参道の入口、石段の左側には「近江順礼卅一番、甲賀順礼十五番、正福寺」と記した享和三年(一八〇三)の石標があり、当地域の観音巡礼の ...
9. しょうふくじ【正福寺】大阪府:貝塚市/地蔵堂村地図
日本歴史地名大系
進されて復興され(寛政年間「和泉国寺社境内帳」小谷家文書)、正福寺と号して京都仁和寺末となった。元禄初年の「泉州志補遺」にも正福寺分三〇石余が記される。なお江戸 ...
10. しょうふくじ【正福寺】和歌山県:那賀郡/岩出町/曾屋村
日本歴史地名大系
[現]岩出町曾屋 曾屋集落東端にある。多門山と号し、日蓮宗。本尊は一塔両尊宗祖像。正福寺由緒書(桃井家蔵)によると、もと真言宗で充満堂と称し、毘沙門天を本尊とし ...
11. しょうふくじ【正福寺】高知県:中村市/中村
日本歴史地名大系
袈裟と鉦鼓を弟子の成阿房に託して信徒のもとへ届けた。人々は喜び、この二品を法然の身代りとして正福寺を開いた。土佐最初の浄土宗寺院で、盛時には末寺二六に及んだとい ...
12. しょうふくじ【正福寺】熊本県:熊本市/熊本城下/新坪井町懸
日本歴史地名大系
[現]熊本市坪井二丁目 もとの新坪井二丁目筋の東側にあり、八幡山と号し、高野山真言宗、本尊聖観音立像。「国誌」によれば、細川忠利入国の時、宥山(「寺記」では宥専 ...
13. 正福寺
デジタル大辞泉プラス
東京都東村山市にある寺院。1278年創建。臨済宗建長寺派。本尊は地蔵菩薩。1407年に建立された地蔵堂は国宝に指定。 2015年05月 ...
14. 正福寺
デジタル大辞泉プラス
三重県鳥羽市にある寺院。創建は不明。宗派は高野山真言宗、本尊は十一面観世音。青峰山山頂に位置する。 2015年10月 ...
15. しようふくじ【正福寺】東京都:東村山市/野口村地図
日本歴史地名大系
[現]東村山市野口町四丁目 金剛山と号し、臨済宗建長寺派。本尊は正観音。鎌倉建長寺の住職石渓心月の開山と伝える。地蔵堂は堂内に一〇―三〇センチの地蔵立像を多数安 ...
16. しようふくじ【正福寺】福岡県:久留米市/旧御井郡地区/国分村
日本歴史地名大系
翌年久留米藩は一〇人扶持を与えてその名跡を継承させたが、同一一年御井寺が別に高良山に再興されるともとの正福寺号に戻された(「寺院明細帳」久留米市誌)。境内に伝説 ...
17. しょうふくじこふんぐん【正福寺古墳群】滋賀県:甲賀郡/甲西町/正福寺村
日本歴史地名大系
[現]甲西町正福寺 野洲川中流右岸、十二坊山麓に分布し、岩瀬谷古墳群・寒谷古墳群・丸保古墳群・塚山古墳よりなる古墳時代後期の群集墳。このうち丸保古墳群は昭和六二 ...
18. 正福寺地蔵堂[百科マルチメディア]
日本大百科全書
方三間の主屋に裳階(もこし)を巡らせた中規模禅宗様仏殿の典型で、鎌倉の円覚寺舎利殿に類似している。1407年(応永14)の建立。国宝 東京都東村山市  ...
19. しょうふくじむら【正福寺村】滋賀県:甲賀郡/甲西町
日本歴史地名大系
[現]甲西町正福寺 岩根村の西、菩提寺村の東に位置し、南を野洲川が西流し、北は丘陵地で蒲生郡に接する。集落はその南麓に形成される。村名は正福寺にちなむ。天正一一 ...
20. しょうふくじむら【正福寺村】兵庫県:赤穂郡/上郡町
日本歴史地名大系
[現]上郡町正福寺 釜島村の東に位置する山間の村。釜島村は当村入口にあたる。江戸時代の領主の変遷は上郡村に同じ。慶長一四年(一六〇九)の正福寺村検地帳写(正福寺 ...
21. しょうふくじやまいせき【正福寺山遺跡】徳島県:阿南市/石塚村
日本歴史地名大系
[現]阿南市富岡町 桑野川の左岸、津峰山塊東端の正福寺山中腹に形成された弥生時代の高地性集落跡。標高約六〇メートル、平地との比高二〇メートル。昭和三〇年(一九五 ...
22. 青木文教
世界大百科事典
1886-1956(明治19-昭和31) チベット学者。滋賀県高島市の旧安曇川町浄土真宗本願寺派正福寺出身。法主大谷尊由に抜擢(ばつてき)され,1912-16年 ...
23. あおすげむら【青菅村】千葉県:佐倉市地図
日本歴史地名大系
稲荷に稲荷神社があり、星神社を合祀した。境内に八坂神社などがある。郷口に真言宗豊山派正福寺、陣屋口に浄土宗称念寺がある。正福寺は川口氏三代の葬地であった(寛政重 ...
24. あおやぎむら【青柳村】千葉県:市原市地図
日本歴史地名大系
いう若宮八幡神社のほか稲荷神社・浅間神社・船霊神社が鎮座。真言宗智山派の養福寺、新義真言宗の正福寺・光明寺がある。光明寺境内に文政一〇年(一八二七)没の斎藤庸忠 ...
25. あかさかむら【赤坂村】岐阜県:大垣市/旧多藝郡・不破郡地区
日本歴史地名大系
寺・天清院・修善寺があり、松寿院は嘉永二年安楽寺別院となっている。ほかに真宗大谷派の法泉寺・正福寺・正安寺や日蓮宗妙法寺などがある。 ...
26. あかさごう【赤佐郷】静岡県:浜北市
日本歴史地名大系
。文明六年(一四七四)三月五日に厳阿弥陀仏らが遠州橋本(現新居町)の教恩寺に寄進した梵鐘銘(正福寺蔵)にも「大工藤原次守赤佐」とある。一四―一五世紀の赤佐郷にか ...
27. あがりみちむら【上道村】鳥取県:境港市
日本歴史地名大系
たいと大庄屋・宗旨庄屋に願出ている(前掲口上覚)。村の檀那寺は中野村の正福寺であったが、明治一〇年代に一村をあげて正福寺と別れ、仏教を離れて神葬祭に改めた。〔鼻 ...
28. あきづがわむら【秋津川村】和歌山県:田辺市
日本歴史地名大系
社(現稲荷神社)、小祠四(荒神社・王子社など)、万福寺(臨済宗妙心寺派)・禅宗関山派万福寺末正福寺、小堂四を記す。谷川集落には享保年間(一七一六―三六)の悪疫流 ...
29. あきよしはちまんぐう【秋吉八幡宮】山口県:美祢郡/秋芳町/秋吉村
日本歴史地名大系
津郡三隅町)に行き、海水と海藻(ホンダワラ)を持ち帰り、神社に奉納するのである。社坊に真言宗正福寺があった。「注進案」によれば、康永四年(一三四五)住持禅祐の勧 ...
30. あきわむら【秋和村】長野県:上田市/塩尻地区
日本歴史地名大系
この特権は認められなくなったため、免除願を出している。元和五年(一六一九)一二月の秋和百姓等目安案(正福寺文書)によると、二〇年ほど前には一五〇人もの百姓がいた ...
31. あこうぐん【赤穂郡】兵庫県
日本歴史地名大系
勝重時代に赤穂上水道が建設されたという。同一四年に検地が実施され、落地村・奥村・留万寺村・大杉野村・野桑村・正福寺村(現上郡町)などの検地帳が残る。同一八年輝政 ...
32. あさかわむら【浅川村】徳島県:海部郡/海南町
日本歴史地名大系
現(大山十二社権現、現十二神社)がみえる。東泉寺・誓願寺(現高野山真言宗)・江音寺・千光寺・正福寺(現曹洞宗)、観音堂があるという(阿波志)。中相の高野山真言宗 ...
33. あさくさまんぷくじもんぜん【浅草万福寺門前】東京都:台東区/旧浅草区地区地図
日本歴史地名大系
余・東西三間余。文政八年(一八二五)の家数一五。町内の字は里俗に柳の稲荷横町とよんだ。これは正福寺境内に柳稲荷社があることによるという。明治二年(一八六九)近隣 ...
34. あずちのしゅうろん【安土宗論】
国史大辞典
こうして五月二十七日寺中警固のなかで、奉行衆が立ち会い、浄土宗は玉念・安土西光寺の教蓮社聖誉貞安・近江の正福寺開山想蓮社信誉洞庫・京都知恩院内一心院の助念(記録 ...
35. あだたらやま【安達太良山】福島県:総論
日本歴史地名大系
遠藤滝への道の途中の石造不動明王に「奉開立不動尊、別当相応寺泰円、開僧正福寺泰誠」と刻され、「女人堂」とある。元治元年(一八六四)の碑には「玉井正福寺住職法印泰 ...
36. あづちじょうか【安土城下】滋賀県:蒲生郡/安土町
日本歴史地名大系
伝えるものに浄土宗願故寺・宝積寺・正栄寺・正福寺・洞覚院など、浄土真宗では金台寺(現本願寺八幡別院)・善住寺、日蓮宗では蓮経寺などがある。このうち正福寺は当城下 ...
37. あなんし【阿南市】徳島県
日本歴史地名大系
寺の二つの四国霊場、賀島氏の先祖を祀った本覚寺、賀島政慶の墓所である桂国寺、二三の末寺をもつ正福寺、古代からの伝統をもつ隆禅寺、駅路寺であった梅谷寺などがある。 ...
38. あらかわむら【荒川村】高知県:中村市
日本歴史地名大系
社寺は「土佐州郡志」に妙見寺跡・運宅寺跡・寮藤庵寺跡・神母社・白皇権現社・天満宮・稲毛大明神・地蔵寺(浄土宗、正福寺末)がみえる。 ...
39. あらくらむら【新倉村】山梨県:富士吉田市
日本歴史地名大系
以後水田を増加させている。明治八年(一八七五)下吉田村と合併、瑞穂村となる。浄土真宗本願寺派正福寺・大正寺・如来寺がある。大正寺は寛文八年頃までは真福寺、如来寺 ...
40. あらまきだむら【新牧田村】茨城県:筑波郡/谷田部町
日本歴史地名大系
設けられ河内郡の知行地の村の支配の拠点となった。村内は寺前・古墓所前・屋敷などに分れ、真言宗正福寺があったが廃寺。厳島神社は祭神市杵島姫命。大正五年(一九一六) ...
41. あらまきむら【荒巻村】千葉県:市原市地図
日本歴史地名大系
寛政五年(一七九三)の上総国村高帳では家数三一で、旗本水野領。幕末まで同氏領。熊野神社が鎮座。曹洞宗の正福寺がある。 ...
42. あんにょうじ【安養寺】島根県:美濃郡/美都町/津茂村
日本歴史地名大系
元慶五年(八八一)諸国行脚の折、丸山において銅鉱を発見、採鉱されるようになると、草庵を結び真言宗正福寺としたと伝える。慶長三年(一五九八)尾山道智の教化を受けて ...
43. いいだまち【飯田町】石川県:珠洲市
日本歴史地名大系
州下向日記」に飯田とみえる。大永年間(一五二一―二八)と推定される四月二日の専光寺慶心書状(正福寺文書)によれば、当郷の在所長衆と思われる有正・則真・末次が加賀 ...
44. いいだむら【飯田村】広島県:東広島市
日本歴史地名大系
などが残り、谷奥では経塚も発見されている。当地の妙徳寺、原飯田の妙福寺、宗吉の永沢寺、寺家の正福寺・平泰寺などは清滝一二坊の一つであったと伝える。明治一五年(一 ...
45. いおうのじょうあと【伊王野城跡】栃木県:那須郡/那須町/伊王野村
日本歴史地名大系
る。長享元年(一四八七)以前、応仁―文明年間(一四六七―八七)頃の築城と思われる(享保一四年正福寺境内社熊野堂石祠銘など)。伊王野館から当城に移り住んだ伊王野氏 ...
46. いおうのやかたあと【伊王野館跡】栃木県:那須郡/那須町/伊王野村
日本歴史地名大系
あった正福寺伽藍に居所を移したが(「伊王野城主元祖手鑑」伊藤文書)、同一〇年伊王野氏は無嗣廃絶となった。現在、館跡は伊王野小学校の敷地となり、北側の大部分と西側 ...
47. いきなむら【生名村】愛媛県:越智郡/生名村
日本歴史地名大系
成たり」と記されている。奥平貞国は在島約八年、寛延二年(一七四九)一〇月一三日死去、墓は同島正福寺にあり、村民から「久兵衛さん」と親しまれている。 ...
48. いしかわしんでんむら【石川新田村】栃木県:下都賀郡/藤岡町
日本歴史地名大系
石余を納める。家数六四、男一二一・女一二六、馬五。農間に男は漁猟、女は少々木綿織出す。真言宗正福寺・法華宗妙経寺(ともに廃絶)がある。御普請所の堤一、帯刀新田と ...
49. いしかわむら【石川村】静岡県:周智郡/森町
日本歴史地名大系
東向にあった貴布禰社と新屋にあった八幡社が明治年間に移されている。神社門前に昭和四〇年代まで浄土真宗正福寺(現真宗大谷派)とその付近に平重盛の妻の墓と伝承されて ...
50. いしづかむら【石塚村】徳島県:阿南市
日本歴史地名大系
、高野山真言宗の正福寺・景徳寺、日蓮宗妙泉寺、曹洞宗本覚寺がある。寛保改神社帳には八幡宮(二社)・三石権現・鹿島明神・多門明神・牛頭天王が記され、八幡宮(一社) ...
「正福寺」の情報だけではなく、「正福寺」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

正福寺と同じ寺・神社・教会カテゴリの記事
興福寺(国史大辞典)
奈良市登大路町にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。寺伝では「こうぶくじ」という。縁起によると、天智天皇八年(六六九)藤原鎌足の死去に際し、妻の鏡女王が鎌足の念持仏の釈迦丈六像などを祀る伽藍をその山階(山科)邸に設けたのに始まり(山階寺)、その子不比等によって藤原京の厩坂に移遷(厩坂寺)
東大寺(国史大辞典)
奈良市雑司町にある華厳宗の総本山。大華厳寺・金光明四天王護国寺・総国分寺などの別称がある。南都七大寺・十三大寺・十五大寺の一つ。東大寺の寺号は平城京の東方にある大寺を意味し、『正倉院文書』の天平二十年(七四八)五月の「東大寺写経所解案」に初見するが
法隆寺(日本大百科全書・世界大百科事典)
奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳(しょうとく)宗総本山。斑鳩寺(鵤寺、伊可留我寺とも書く)、法隆学問寺などの異称がある。南都七大寺の一つ。草創の由来は、金堂の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)光背銘によると、用明(ようめい)天皇が病気平癒を念じ
龍潭寺(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。県道引佐―舘山寺(かんざんじ)線の西側の小丘陵上に位置する。臨済宗妙心寺派。山号は万松山、本尊は行基作と伝える虚空蔵菩薩。元文六年(一七四一)に気賀(けが)関所(現細江町)に差出した御要害村寺院縁寿録(山本家文書)によると、天平五年(七三三)に行基が地蔵寺を開創、のち自浄(じじよう)院
渭伊神社(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷(いいのや)の北西端に鎮座する。社域西側を神宮寺(じんぐうじ)川が半円を描いて流れ、杉・檜・楠の古木が社叢をなす。祭神は品陀和気命・息気長足姫命・玉依姫命。旧郷社。「延喜式」神名帳にみえる引佐郡六座のうちの「渭伊(イイノ)神社」に比定される。
寺・神社・教会と同じカテゴリの記事をもっと見る


「正福寺」は寺・神社・城に関連のある記事です。
その他の寺・神社・城に関連する記事
鶴岡八幡宮(国史大辞典・日本歴史地名大系)
神奈川県鎌倉市雪ノ下に鎮座。旧国幣中社。源氏の氏神であり、鎌倉の町の中心として存在してきた社で、明治の神仏分離までは鶴岡八幡新宮若宮(いまみやわかみや)・鶴岡八幡宮寺とも称した。大分県の宇佐、京都府の石清水(いわしみず)両宮とともに全国の八幡宮を代表
恭仁京(世界大百科事典・日本大百科全)
奈良時代中ごろの都城。現在の京都府南部の木津川市に営まれた。740年(天平12),九州で藤原広嗣の乱が起こったのを契機に平城京を離れた聖武天皇は,伊勢,美濃,近江をめぐった後,12月15日山背国南端の久仁郷の地に至り恭仁京の造営に着手した。翌年11月
遷宮(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
神社で、一定の年数を定めて、新殿を造営し、旧殿の御神体をここに遷すこと。そしてこの新殿の造営を式年造営といい、また仮殿遷宮と対称して正遷宮とも称せられる。伊勢神宮の例が著明である。伊勢神宮に式年遷宮の制が立てられた年次については
長谷寺(日本大百科全書(ニッポニカ))
奈良県桜井市初瀬にある寺。真言宗豊山派総本山。豊山神楽院長谷寺と号する。初瀬寺とも書かれ、豊山寺、長谷観音とも称する。本尊は十一面観音。西国三十三所第8番札所。686年(朱鳥1)弘福寺(川原寺)の道明上人が天武天皇の病気平癒祈願のため、法華説相図銅板(千仏多宝塔を鋳出)
橿原神宮(改訂新版・世界大百科事典)
奈良県橿原市に鎮座。神武天皇と皇后媛蹈鞴五十鈴媛命をまつる。社地は畝傍山の東南にあたり,神武天皇が宮居を営んだ橿原宮の跡という。当地はすでに元禄年間(1688-1704)に神武天皇の神廟を営もうとする動きがあったが,1888年橿原宮跡の考証ののち,民間より神社建設の請願があり
寺・神社・城に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶