ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 寺・神社・教会
  10. >
  11. 唐招提寺

唐招提寺

ジャパンナレッジで閲覧できる『唐招提寺』の日本大百科全書(ニッポニカ)のサンプルページ

唐招提寺
とうしょうだいじ

奈良市五条町にある律宗総本山。本尊は盧舎那仏(るしゃなぶつ)。756年(天平勝宝8)、聖武(しょうむ)・孝謙(こうけん)両上皇の勅願により来朝した唐僧過海(かかい)大師鑑真和上(がんじんわじょう)が新田部(にいたべ)親王の旧宅を譲り受けて建立した寺で、戒壇(かいだん)を設け律宗の根本道場とした。初めは唐律招提寺(とうりつしょうだいじ)、唐寺(とうじ)、律寺などと称され、延喜(えんぎ)式十五大寺、南都七大寺の一つに数えられた。759年(天平宝字3)「唐招提寺」の勅額が下賜されたが、その勅文には、「招提是諸寺本寺十方僧依所、日域七衆根本寺、故號唐招提寺」とあり、四方僧坊の義をとり、諸寺の根本とした。以後、天皇・皇后以下百官も皆ここで受戒し、帰依(きえ)も厚かった。『大般若経(だいはんにゃきょう)』『金光明(こんこうみょう)経』を読ませ、鎮護国家金光明建初律唐招提寺と号したこともあった。王朝とともに隆盛を極めていた唐招提寺はやがて勢力を失い、平安末期には興福寺(法相(ほっそう)宗)の末寺となった。その後、嘉禎(かてい)年間(1235~38)覚盛上人(かくじょうしょうにん)が中興第1世となって戒律を復興し寺域を整えたが、ふたたび戦国の兵乱、地震による倒壊などで衰えた。江戸時代に徳川5代将軍綱吉(つなよし)、その生母桂昌院(けいしょういん)らの帰依により大規模な修理がなされた。1900年(明治33)独立して律宗総本山となる。
[里道徳雄]

文化財

金堂、講堂、経蔵・宝蔵は奈良時代、鼓楼(ころう)は鎌倉時代の建物で、おのおのたびたび修補を経ているが、創建当初の姿をよく伝え、国宝に指定されている。金堂は鑑真の弟子如宝(にょほう)の建立と伝える。正面7間、側面4間の単層寄棟(よせむね)造で、前面の1間は吹流しの形式をとり、太いエンタシスの柱が屋根を支える。大棟(おおむね)東西端の鴟尾(しび)のうち西側のものは創建当初のもの。堂内には本尊盧舎那仏像をはじめ、薬師如来(にょらい)、千手観音(せんじゅかんのん)、梵天(ぼんてん)・帝釈天(たいしゃくてん)、四天王の立像(いずれも奈良時代、国宝)を安置している。講堂は平城京の東朝集殿(ひがしちょうしゅうでん)を移築したものといい、天平(てんぴょう)の宮殿建築の唯一の遺構。もと開山堂にあった鑑真和上坐像(ざぞう)(奈良時代、国宝)は、1964年(昭和39)移建された旧一乗院宸殿(しんでん)(国重要文化財)の御影堂(みえいどう)に安置されている。像は脱乾漆造で、法隆寺夢殿の行信僧都(ぎょうしんそうず)の像とともにわが国肖像彫刻中の最高傑作、最古の遺品として名高い。そのほか、木造大悲菩薩(だいひぼさつ)像(覚盛上人像)、紙本着色東征(とうせい)絵巻5巻、絹本着色大威徳明王(だいいとくみょうおう)像、絹本着色十六羅漢(らかん)像(以上、重文)、鑑真が唐より将来した舎利を納める舎利容器1具(国宝)など多くの文化財を蔵している。また境内の西に石造3段の戒壇がある。もと覆堂があったが、嘉永(かえい)年間(1848~54)に焼失、現在は戒壇上に1980年(昭和55)建造の宝塔が建つ。唐招提寺は1998年(平成10)、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。奈良の文化財は東大寺など8社寺等が一括登録されている)。
なお、5月19日に鼓楼で行われる「うちわまき」はよく知られている。
[里道徳雄]

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


唐招提寺の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 471
検索コンテンツ
1. 唐招提寺
日本大百科全書
南都七大寺の一つに数えられた。759年(天平宝字3)「唐招提寺」の勅額が下賜されたが、その勅文には、「招提是諸寺本寺十方僧依所、日域七衆根本寺、故號唐招提寺」と nbsp;...
2. 唐招提寺
世界大百科事典
ゥーパが建設された。宮本 長二郎 招提寺 招提寺 鑑真 如宝 実範式 覚盛 証玄 唐招提寺金堂 如宝 唐招提寺講堂 鑑真和上(座)像 ...
3. とうしょうだい‐じ【唐招提寺】地図
デジタル大辞泉
奈良市にある律宗の総本山。開創は天平宝字3年(759)、鑑真(がんじん)の開山で、ここに戒壇を設け律宗の根本道場とした。金堂、平城宮の朝集殿を移築した講堂、経蔵 ...
4. とうしょうだい‐じ[タウセウダイ:]【唐招提寺】
日本国語大辞典
奈良市五条町にある律宗の総本山。天平宝字三年(七五九)唐僧鑑真(がんじん)が創建。東大寺の戒壇院に対し律宗研修の道場として重きをなした。金堂・宝蔵・経蔵は創建当 ...
5. 唐招提寺[図版]
国史大辞典
大和名所図会 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
6. とうしょうだいじ【唐招提寺】
国史大辞典
部三、奈良県教育委員会編『国宝唐招提寺講堂他二棟修理工事報告書』、福山敏男『日本建築史研究』続編、関野貞「唐招提寺講堂」(『考古界』五ノ一)、喜田貞吉「唐招提寺 ...
7. とうしょうだいじ【唐招提寺】奈良県:奈良市/西ノ京地区/五条村
日本歴史地名大系
たと考えられるが、唐招提寺の場合は如宝が有縁檀主らを率いて建立したから、鑑真入寂後の竣工とみなければならない。鑑真は天平宝字七年五月六日に没したが、その後も弟子 ...
8. 唐招提寺(とうしょうだいじ)【篇】
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 1266ページ ...
9. 唐招提寺
デジタル大辞泉プラス
奈良県奈良市にある寺院。創建は759年。律宗総本山、本尊は蘆舎那仏。国宝の金堂など多くの文化財を保有。「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登 ...
10. 唐招提寺
日本史年表
759年〈天平宝字3 己亥〉 8・1 鑑真 、戒院を設け、 唐律招提寺(のち唐招提寺) と称する(招提寺建立縁起)。  ...
11. Tōshōdaiji 【唐招提寺】
Encyclopedia of Japan
Buddhist monastery founded in 759 in the western sector of the ancient capital o ...
12. 唐招提寺寺領 (見出し語:唐招提寺【篇】)
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 247ページ ...
13. 唐招提寺戒壇 (見出し語:唐招提寺【篇】)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 647ページ ...
14. 唐招提寺鵄尾圖 (見出し語:唐招提寺【篇】)
古事類苑
居處部 洋巻 第1巻 1008ページ ...
15. とうしょうだいじもんじょ【唐招提寺文書】
国史大辞典
[参考文献]奈良国立文化財研究所編『唐招提寺史料』一(『奈良国立文化財研究所史料』七)、福山敏男「唐招提寺用度帳」(『日本建築史研究』続編所収)、田中稔「唐招提 ...
16. 唐招提寺講堂 (見出し語:講堂)
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 1268ページ ...
17. 薬師寺東塔と唐招提寺金堂の三手先[百科マルチメディア]
日本大百科全書
〓Shogakukan ...
18. 会津八一
世界大百科事典
りつ)する。〈おほてらのまろきはしらのつきかげをつちにふみつつものをこそおもへ〉(《鹿鳴集》唐招提寺にて)。書家としても令名高く,漢・魏・六朝以来の中国書道の伝 ...
19. あかはだ‐やま【赤膚山】
日本国語大辞典
奈良市西ノ京西方の五条山のこと。唐招提寺の西にある不毛の山で、赤土は赤膚焼の原料となる。波〓岳岬(はだのおか)。 ...
20. あかはだやま【赤膚山】奈良県:奈良市/西ノ京地区
日本歴史地名大系
現代でも赤膚焼の陶器が作られている。また西ノ京の瓦大工橘氏は鎌倉時代末から近世にかけて法隆寺・唐招提寺などの瓦を製作した。 ...
21. あきめむら【秋目村】鹿児島県:川辺郡/坊津町
日本歴史地名大系
に注ぐ。大浦村から同川沿いを下り、海岸沿いを南下して久志村に至る往還道が走る。奈良時代に奈良唐招提寺を建立した唐僧鑑真の上陸地とされ、中世には加世田別符のうちに ...
22. 校倉
日本大百科全書
校木は三角材または角材の角を平らに削り落として積まれる。古くは甲倉、格倉、叉倉とも記される。正倉院宝庫、唐招提寺(とうしょうだいじ)経蔵・宝蔵など奈良時代の校倉 ...
23. 校倉
世界大百科事典
は壁面からの通風があるという利点から宝物倉として用いられることが多い。正倉院宝庫(双甲倉),唐招提寺宝蔵(甲倉)が奈良時代に建てられた代表的な遺構である。鈴木  ...
24. あぜくら【校倉】
国史大辞典
上に一つの屋根をかけた双倉(ならびぐら)もあった。正倉院宝庫はその好例で、普通の校倉としては唐招提寺・東大寺に奈良時代の遺構がある。校倉は日光東照宮神庫にも見ら ...
25. あぜくら‐づくり【校倉造(り)】
デジタル大辞泉
校倉風の建築構造。東大寺の正倉院や唐招提寺(とうしょうだいじ)の宝蔵・経蔵など。  ...
26. あぜくら‐づくり【校倉造】
日本国語大辞典
壁にしたもの。奈良時代から平安初期にかけて寺院や官庁の宝庫、倉として多く建てられた。東大寺の正倉院や唐招提寺の宝蔵、経蔵などが有名。甲蔵。叉倉。あぜり。 ...
27. あまがつじ【尼辻】奈良県:奈良市/西ノ京地区/興福院村
日本歴史地名大系
半肉に刻み、光背の左右には、為悲母得脱造立之 文永二乙丑八月日以□□者七世恩□六道衆生普利□□とある。唐招提寺の円律房証玄が母の三回忌に造立したといわれている。 ...
28. あみだじようどいんあと【阿弥陀浄土院跡】奈良県:奈良市/佐保・佐紀地区/法華寺村
日本歴史地名大系
飛雲などが取付けられていた。中央には丈六の阿弥陀三尊が漆喰塗の須弥壇に安置されていた。規模は唐招提寺金堂とほぼ同じであったと推察される。〈大和・紀伊寺院神社大事 ...
30. いきのくに【壱岐国】長崎県
日本歴史地名大系
派遣して礼物を献上した(「朝鮮王朝実録」定宗元年九月是月条)。室町後期の南瞻部州大日本国正統図(唐招提寺蔵)に壱岐二郡として田五七三丁と記される。「海東諸国紀」 ...
31. いけじりべつぷ【池尻別符】福岡県:田川郡/川崎町/池尻村
日本歴史地名大系
市)・金国(現田川市)の正税徴収を宗国が請負っている(四月二九日「宗国書状」八幡善法寺文書/唐招提寺史料)。応仁二年(一四六八)一一月一七日には前記三ヵ所の正税 ...
32. い‐こう[ヰ:]【遺構】
日本国語大辞典
昔の土木建築の構造や様式などを知る手掛かりとなる残存物。*大和古寺風物誌〔1943〕〈亀井勝一郎〉唐招提寺「金堂は奈良時代の大寺の金堂の形式を伝へる唯一の遺構と ...
33. 一乗院
世界大百科事典
1812年(文化9)に講堂などが焼失。宸殿は,近代には奈良地方裁判所として使用されていたが,1962年に唐招提寺に移建,開山堂として改修された。堀池 春峰 興福 ...
34. いちじょういん【一乗院】 : 興福寺
国史大辞典
官幣大社春日神社宮司となり男爵に列せられた。門跡は官没されて奈良県庁、ついで裁判所に転用、寝殿造の建物は現在唐招提寺に移建され、同寺の御影堂となった。なお門跡領 ...
35. いちじよういんあと【一乗院跡】奈良県:奈良市/奈良公園地区/興福寺
日本歴史地名大系
明治維新後、寺務職還俗して水谷川氏を称した。慶安三年(一六五〇)再興の宸殿は、昭和三七年(一九六二)唐招提寺に移されて同寺の御影堂となった。同三九年に発掘調査さ ...
36. いちぼくづくり【一木造】
国史大辞典
いわゆる寄木造ではない。一木造は奈良時代の後期に盛んになり平安時代前期に至って頂点に達する。初期の作例には唐招提寺の梵天・帝釈天・大自在菩薩など等身大以上の彫刻 ...
37. いっ‐し【一志】
日本国語大辞典
かへりみることなかれ、学道究弁を一志すべし、脇尊者に斉肩なるべきなり」*円照上人行状〔1302〕「唐招提寺和上証玄上人者、累年一志之親厚也」*西国立志編〔187 ...
38. いといごう【糸井郷】兵庫県:但馬国/養父郡
日本歴史地名大系
なお大和国磯城郡に式内糸井神社(現奈良県川西町)があり、仁和三年(八八七)七月七日の永原利行家地売券案(唐招提寺文書)の郡判に大和国城上郡の「擬大領糸井造継貞」 ...
40. いほ【伊保】兵庫県:高砂市
日本歴史地名大系
と記された墨書土器が出土しており、伊保の中心地であったと考えられる。また年月日不詳の唐招提寺符案(唐招提寺文書)に「播磨国伊保」とみえる。伊保の範囲は東西が法華 ...
41. 入江泰吉
日本大百科全書
勝一郎の著作『大和古寺風物誌』に触発され、古寺を訪ね歩くようになり、敗戦後、東大寺、法隆寺、唐招提寺、薬師寺などの仏像撮影に取り組む。46年(昭和21)幼なじみ ...
42. いりもや‐づくり【入母屋造(り)】
デジタル大辞泉
入母屋屋根をもつ建物。唐招提寺(とうしょうだいじ)講堂など。  ...
43. いりもや‐づくり【入母屋造】
日本国語大辞典
〔名〕屋根が入母屋様式に造ってあること。また、そのような屋根をもつ建物。社寺、宮殿に見られ、唐招提寺講堂、円覚寺舎利殿などはその例。いりもや。〔日本建築辞彙{1 ...
44. いわれの-いわたて【石村石楯】
日本人名大辞典
あたえられた。のち出羽介,中衛将監。妻子が石楯の菩提をとむらうために書写した大般若波羅蜜多経の一部が唐招提寺にのこされている。氏は「いわむら」ともよむ。 ...
45. いんしょう【印勝】
日本人名大辞典
日大社の舞楽面をつくる。現存するその新鳥蘇(しんとりそ)面に「仏師印勝」の銘がみられる。同年唐招提寺金堂の千手観音像を修理した。 ...
46. 浮彫り
日本大百科全書
。また薄い銅板を原形に当てて、たたき出した押出し仏(おしだしぶつ)が法隆寺、法隆寺献納宝物、唐招提寺(とうしょうだいじ)などにある。さらに石製浮彫りに、奈良・頭 ...
47. うごん【有厳】
国史大辞典
』『感身学正記』)。寛元二年(一二四四)成願房覚如に伴い入宋し、宝治二年(一二四八)に帰国。唐招提寺に西方・妙香両院を始めたという。建治元年(一二七五)十一月十 ...
48. うだのみくまりじんじゃ【宇太水分神社】奈良県:宇陀郡/菟田野町/古市場村
日本歴史地名大系
陀郡田地帳案)。なお興福寺僧実厳の日記「細々要記」によると、正平六年(一三五一)後村上天皇は唐招提寺に入り、三輪(現奈良県桜井市)を経て宇太水分宮に参って吉野に ...
49. うちわ‐まき[うちは:]【団扇撒】
日本国語大辞典
〔名〕奈良の唐招提寺で、毎年五月一九日(中興開山覚盛和尚の命日)に行なう会式(えしき)。開山、鑑真和尚が行(ぎょう)を修めているとき、弟子が蚊や虻を団扇で追おう ...
50. えこう【恵晃】
日本人名大辞典
悉曇(しったん),因明(いんみょう)などに通じた。京都泉涌寺(せんにゅうじ)長老をへて,奈良唐招提寺長老となる。元文2年6月8日死去。82歳。俗姓は浜岡。字(あ ...
「唐招提寺」の情報だけではなく、「唐招提寺」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

唐招提寺と同じ寺・神社・教会カテゴリの記事
興福寺(国史大辞典)
奈良市登大路町にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。寺伝では「こうぶくじ」という。縁起によると、天智天皇八年(六六九)藤原鎌足の死去に際し、妻の鏡女王が鎌足の念持仏の釈迦丈六像などを祀る伽藍をその山階(山科)邸に設けたのに始まり(山階寺)、その子不比等によって藤原京の厩坂に移遷(厩坂寺)
東大寺(国史大辞典)
奈良市雑司町にある華厳宗の総本山。大華厳寺・金光明四天王護国寺・総国分寺などの別称がある。南都七大寺・十三大寺・十五大寺の一つ。東大寺の寺号は平城京の東方にある大寺を意味し、『正倉院文書』の天平二十年(七四八)五月の「東大寺写経所解案」に初見するが
法隆寺(日本大百科全書・世界大百科事典)
奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳(しょうとく)宗総本山。斑鳩寺(鵤寺、伊可留我寺とも書く)、法隆学問寺などの異称がある。南都七大寺の一つ。草創の由来は、金堂の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)光背銘によると、用明(ようめい)天皇が病気平癒を念じ
龍潭寺(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。県道引佐―舘山寺(かんざんじ)線の西側の小丘陵上に位置する。臨済宗妙心寺派。山号は万松山、本尊は行基作と伝える虚空蔵菩薩。元文六年(一七四一)に気賀(けが)関所(現細江町)に差出した御要害村寺院縁寿録(山本家文書)によると、天平五年(七三三)に行基が地蔵寺を開創、のち自浄(じじよう)院
渭伊神社(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷(いいのや)の北西端に鎮座する。社域西側を神宮寺(じんぐうじ)川が半円を描いて流れ、杉・檜・楠の古木が社叢をなす。祭神は品陀和気命・息気長足姫命・玉依姫命。旧郷社。「延喜式」神名帳にみえる引佐郡六座のうちの「渭伊(イイノ)神社」に比定される。
寺・神社・教会と同じカテゴリの記事をもっと見る


「唐招提寺」は寺・神社・城に関連のある記事です。
その他の寺・神社・城に関連する記事
鶴岡八幡宮(国史大辞典・日本歴史地名大系)
神奈川県鎌倉市雪ノ下に鎮座。旧国幣中社。源氏の氏神であり、鎌倉の町の中心として存在してきた社で、明治の神仏分離までは鶴岡八幡新宮若宮(いまみやわかみや)・鶴岡八幡宮寺とも称した。大分県の宇佐、京都府の石清水(いわしみず)両宮とともに全国の八幡宮を代表
恭仁京(世界大百科事典・日本大百科全)
奈良時代中ごろの都城。現在の京都府南部の木津川市に営まれた。740年(天平12),九州で藤原広嗣の乱が起こったのを契機に平城京を離れた聖武天皇は,伊勢,美濃,近江をめぐった後,12月15日山背国南端の久仁郷の地に至り恭仁京の造営に着手した。翌年11月
遷宮(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
神社で、一定の年数を定めて、新殿を造営し、旧殿の御神体をここに遷すこと。そしてこの新殿の造営を式年造営といい、また仮殿遷宮と対称して正遷宮とも称せられる。伊勢神宮の例が著明である。伊勢神宮に式年遷宮の制が立てられた年次については
長谷寺(日本大百科全書(ニッポニカ))
奈良県桜井市初瀬にある寺。真言宗豊山派総本山。豊山神楽院長谷寺と号する。初瀬寺とも書かれ、豊山寺、長谷観音とも称する。本尊は十一面観音。西国三十三所第8番札所。686年(朱鳥1)弘福寺(川原寺)の道明上人が天武天皇の病気平癒祈願のため、法華説相図銅板(千仏多宝塔を鋳出)
橿原神宮(改訂新版・世界大百科事典)
奈良県橿原市に鎮座。神武天皇と皇后媛蹈鞴五十鈴媛命をまつる。社地は畝傍山の東南にあたり,神武天皇が宮居を営んだ橿原宮の跡という。当地はすでに元禄年間(1688-1704)に神武天皇の神廟を営もうとする動きがあったが,1888年橿原宮跡の考証ののち,民間より神社建設の請願があり
寺・神社・城に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶