ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 寺・神社・教会
  10. >
  11. 清水寺

清水寺

ジャパンナレッジで閲覧できる『清水寺』の日本大百科全書(ニッポニカ)のサンプルページ

清水寺
きよみずでら

京都市東山(ひがしやま)区清水にある法相(ほっそう)宗大本山。山号は音羽山(おとわさん)。古くは北観音(きたかんのん)寺とも称した。西国(さいごく)三十三所第16番札所。『清水寺縁起』によると、大和(やまと)(奈良県)小島(こじま)寺の延鎮(えんちん)が修行の途次、夢告によって山城(やましろ)国愛宕(おたき)郡八坂郷東山の麓(ふもと)にきて、そこを霊勝の地として練行しているとき、狩猟中の坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)に会い、その妻高子のために加持祈祷(かじきとう)を行って効験があった。のち田村麻呂の助力を得て観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)を安置するため伽藍(がらん)を造営したのに始まるという。平安初期の年紀をもつ『清水寺建立記』によれば、田村麻呂が、産女(うぶめ)のために鹿を求め屠(ほふ)ったところ、一沙門(しゃもん)に殺生(せっしょう)の罪を諭される。このことを高子に語ったところ、高子が無量の罪を懺悔(ざんげ)するため、家を壊して仏殿を建て、観世音菩薩を安置させたという。田村麻呂が東国遠征に際して延鎮に国家平定を祈るよう依頼し、平定なるとこれを仏徳によるものとし、延鎮を内供奉(ないぐぶ)十禅師に推し、寺地を施入(せにゅう)したという。一説には創建を780年(宝亀11)とする。清水寺は坂上氏の氏寺であったと思われる。805年(延暦24)桓武(かんむ)天皇の御願寺(ごがんじ)となり、810年(弘仁1)には鎮護国家の道場とされた。奈良の興福寺に属し、延暦(えんりゃく)寺に属する祇園感神院(ぎおんかんじいん)(八坂神社)と、南都北嶺(なんとほくれい)の最前線としてたびたび争い、堂塔はしばしば災火にあったが、そのつど再建された。幕末の住職に勤皇僧月照(げっしょう)がいた。
現在の本堂(国宝)は1633年(寛永10)徳川家光(いえみつ)による再建で、創建時の姿を伝えるとみられる懸造(かけづくり)の広い舞台は「清水の舞台」として名高い。また、仁王門、馬駐(うまとどめ)(以上は室町時代)、鐘楼(桃山時代)、西門、三重塔、経堂、開山堂、朝倉堂、釈迦(しゃか)堂、阿弥陀(あみだ)堂、奥の院(以上は江戸時代)など国の重要文化財指定の建物が連なり、境内は公園風となっている。本堂の北にある本坊の成就院は月照と弟子信海の住したところで、その庭園は東山を借景とした池泉観賞式の名園である。本尊十一面観音像(国重要文化財)は、奈良の長谷寺(はせでら)、近江(おうみ)(滋賀県)の石山寺と並ぶ観音霊場として信仰を集めた。『今昔(こんじゃく)物語集』には、貧乏な女が清水の観音に祈ったところ、金、好運、男などを得て幸福になった話がある。また紫式部、伊勢大輔(いせのたゆう)が同時に参籠(さんろう)したときの歌があり、清少納言や『更級(さらしな)日記』の作者菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)なども参籠しており、観音菩薩の霊験(れいげん)は古典文学にも多く紹介されている。奥の院の下にかかる「音羽の滝」は寺名の由来をなし、病に効くとしていまなお祈誓する者が多い。堂内には多くの絵馬が奉納されており、とくに航海の安全を祈った絵馬「渡海(とかい)船額」4面(末吉(すえよし)船図3、角倉(すみのくら)船図1)は有名で、国重要文化財である。清水寺は1994年(平成6)、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。京都の文化財は二条城など17社寺・城が一括登録されている)。
おもな年中行事に、観音縁日(毎月17、18日)、修正会(しゅしょうえ)(1月1~7日)、修二会(しゅにえ)(2月1~3日)、開山忌(5月23日)、千日参り(8月9~16日)、仏名会(ぶつみょうえ)(12月1~3日)がある。
[田村晃祐]

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


清水寺の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1569
検索コンテンツ
1. 清水寺(きよみずでら 京都市)
日本大百科全書
山号は音羽山(おとわさん)。古くは北観音(きたかんのん)寺とも称した。西国(さいごく)三十三所第16番札所。『清水寺縁起』によると、大和(やまと)(奈良県)小島 ...
2. 清水寺(きよみずでら 島根県)
日本大百科全書
島根県安来(やすぎ)市清水町にある天台宗の寺。瑞光(ずいこう)山と号し、「せいすいじ」とも称する。出雲(いずも)国第一の古寺。当寺の縁起によると、587年(用明 ...
3. 清水寺[百科マルチメディア]
日本大百科全書
写真中央奥が根本堂(国指定重要文化財)。島根県安来(やすぎ)市 〓公益社団法人島根県観光連盟 ...
4. 清水寺
世界大百科事典
寺としてよりは,信仰で栄える寺となり,日本無双の観音霊場とうたわれた。平安時代以来,種々の〈清水寺縁起〉がつくられて,霊験譚が世に喧伝され,貴賤の参詣者や参籠者 ...
5. きよみず‐でら【清水寺】地図
デジタル大辞泉
〓京都市東山区清水にある北法相(ほっそう)宗の寺。山号は音羽山。延暦17年(798)ごろ僧延鎮が坂上田村麻呂(さかのうえのた ...
7. きよみずでら【清水寺】
国史大辞典
[参考文献]京都府教育庁文化財保護課編『国宝清水寺本堂修理工事報告書』、福山敏男「清水寺・長谷寺・石山寺の礼堂」(『日本建築史の研究』所収)、同「清水寺本堂」( ...
8. きよみずでら【清水寺】岩手県:花巻市/太田村
日本歴史地名大系
[現]花巻市太田 清水 太田南西部の清水にあり、音羽山と号し天台寺門宗。本尊は十一面観音。寺蔵の略縁起によれば坂上田村麻呂が勧請、前九年・後三年の両役では源頼義 ...
9. きよみずでら【清水寺】長野県:東筑摩郡/山形村/小坂村
日本歴史地名大系
寺伝によると平城天皇の大同二年(八〇七)坂上田村麻呂が東夷征伐の際祈願したとの伝説を残し、京都の清水寺とは特別の関係をもっている。北東の登山口にある宝積寺はその ...
10. きよみずでら【清水寺】岐阜県:加茂郡/富加町/加治田村
日本歴史地名大系
近世中期から臨済宗龍福寺末寺。本尊十一面観音。承和五年(八三八)僧良敏の記したといわれる白華山清水寺縁起(当寺蔵)によると、坂上田村麻呂の素志を体して、大同三年 ...
11. きよみずでら【清水寺】静岡県:静岡市/旧有渡郡・庵原郡地区/南安東村
日本歴史地名大系
開山は京都仁和寺尊寿院の道因、開基は今川義元の重臣朝比奈元長という(「清水寺由緒書上控」清水寺文書)。同四年六月二三日に「清水寺跡職」が盛秀から秀尊に譲られるが ...
12. きよみずでら【清水寺】静岡県:藤枝市/清水村
日本歴史地名大系
)四月、清水寺で藤原季茂を大願主、当寺の延命房を筆師として大般若経が書写されている(「駿河志料」所収大般若経奥書抜書)。弘長二年(一二六二)三月には勧進僧某によ ...
13. きよみずでら【清水寺】京都市:東山区/清水寺門前地図
日本歴史地名大系
田村麻呂の助力を得て清水寺が創建された。「今昔物語集」巻一一の「田村将軍始建清水寺語」も同様の話を伝える。ほかに治暦二年(一〇六六)に没した大学頭藤原明衡の作と ...
14. きよみずでら【清水寺】兵庫県:加東郡/社町/平木村
日本歴史地名大系
長一〇年五月一一日清水寺書上・同年一一月二二日清水寺中書上など)。「寛文朱印留」によると、慶安元年(一六四八)の先判(徳川家光朱印状であろう)の旨に任せて「賀東 ...
15. きよみずでら【清水寺】島根県:安来市/清水村
日本歴史地名大系
青蓮院門跡の対立もあったが、尼子氏権力と結んだ清水寺の出雲国一宮制を否定するまでの急激な勢力拡大が存在した。おそらくこれ以前から富田城では、清水寺を筆頭とする能 ...
16. きよみずでら【清水寺】福岡県:鞍手郡/若宮町/黒丸村
日本歴史地名大系
[現]若宮町黒丸 清水 西山(鮎返山)の東麓、黒丸川の上流右岸にある。境内からの眺望は「若宮、吉川の諸村、眼下に見え渡り」(続風土記)、佳景とされた。青竜山千手 ...
17. きよみずでら【清水寺】福岡県:山門郡/瀬高町/本吉村
日本歴史地名大系
上部一体を京都清水寺に納め、根元の一体を当地に安置したといい、そこから当地を本吉、京都を末吉と称したと伝承される。宝徳元年(一四四九)一二月二〇日、源長千代女を ...
18. きよみずでら【清水寺】福岡県:北九州市(旧豊前域)/小倉北区/篠崎村
日本歴史地名大系
本尊千手観音。創立年代は未詳ながら、京都清水寺の霊場を小倉の地に移したと伝える。古来勅願所として企救の御堂と称され、もとは南方の高所にあったという(清水寺縁起) ...
19. きよみずでら【清水寺】長崎県:長崎市/長崎町/今籠町
日本歴史地名大系
崇福寺の南にある。長崎山興成院と号し、真言宗霊雲寺派。本尊は観音菩薩。元和九年(一六二三)京都音羽山の清水寺の光乗院に住していた慶順が長崎に来て創建したと伝える ...
20. 清水寺
日本史年表
10・19 坂上田村麻呂、 清水寺 を建立(東宝記一)。 1063年〈康平6 癸卯〉 8・18 清水寺 焼亡(扶桑略記)。 1064年〈康平7 甲辰⑤〉 8・1 ...
21. 清水(きよみず)寺
デジタル大辞泉プラス
千葉県いすみ市にある寺院。807年創建。天台宗。本尊は千手観世音菩薩。 2015年05月 ...
22. 清水(きよみず)寺
デジタル大辞泉プラス
京都府京都市東山区にある寺院。創建は778年。北法相宗大本山、本尊は十一面千手観音。国宝の本堂は山の斜面から張りだした造りで「清水の舞台」と呼ばれる。「古都京都 ...
23. 清水(きよみず)寺
デジタル大辞泉プラス
兵庫県加東市にある寺院。創建は627年。宗派は天台宗、本尊は十一面観音(根本中堂)、千手観音(大講堂)。 2015年10月 ...
24. 清水寺
デジタル大辞泉プラス
福岡県みやま市にある寺院。806年創建。宗派は天台宗、本尊は千手観音。安産子授け、縁結びの寺として知られる。 2015年01月 ...
25. 清水寺
デジタル大辞泉プラス
。安産や病気平癒に効くとされる「びんづるさん(撫で仏)」で知られる。「長崎山(ちょうきさん)清水寺」「清水観音」ともいう。 2015年01月 ...
26. 清水寺(せいすいじ 長野県)
日本大百科全書
長野市若穂(わかほ)町保科(ほしな)にある真言(しんごん)宗智山(ちざん)派の寺。阿弥陀(あみだ)山護国院と号する。通称保科観音(かんのん)という。本尊は千手( ...
27. せいすい‐じ【清水寺】
日本国語大辞典
毛利元就が再建した。〔三〕〓きよみずでら(清水寺)。セ ...
28. せいすいじ【清水寺】青森県:八戸市/是川村
日本歴史地名大系
号帳(八戸市立図書館蔵)には「一拾石高二拾石之内御免高 山城国比叡山延暦寺末寺是川村 楞厳山清水寺」とある。草創年代は不詳であるが、元来は観音堂の別当寺として建 ...
29. せいすいじ【清水寺】宮城県:泉市/松森村
日本歴史地名大系
慶長八年(一六〇三)仙台城下保寿寺興山林中が中興開山し、当地下町から現在地に移転(文政七年「清水寺書出」佐藤長寿家文書)。なお「封内風土記」は興山林中の中興を承 ...
30. せいすいじ【清水寺】群馬県:高崎市/石原村
日本歴史地名大系
がある。住職は大聖護国寺の兼帯で(嘉永二年「華蔵山中興略記」片山文書)、元禄郷帳には石原村に清水寺観音堂領一七石余が載る。七月の九日から一〇日にかけて観音四万六 ...
31. せいすいじ【清水寺】千葉県:夷隅郡/岬町/鴨根村地図
日本歴史地名大系
たが、一体を安置する堂宇は完成しないまま先師の庵に安置して帰京した。その後坂上田村麻呂が京都清水寺に擬して堂宇を建立し、十一面観音を奥院に、千手観音を本堂に安置 ...
32. せいすいじ【清水寺】新潟県:佐渡郡/新穂村/大野村
日本歴史地名大系
当寺では客末寺として特別に扱っていた。慶長五年の清水寺分の検地帳(同文書)が残るが、河村彦左衛門の印判はない。元禄七年(一六九四)の検地帳(清水寺文書)では境内 ...
33. せいすいじ【清水寺】長野県:長野市/松代地区/西条村
日本歴史地名大系
[現]長野市松代町西条 松代町東寺尾の福徳寺末。真言宗豊山派。竜燈山蓮花院清水寺という。本尊千手観音。往古は観音堂で村の南にあったものが現在地に移ったと伝承され ...
34. せいすいじ【清水寺】長野県:長野市/若穂地区/保科村
日本歴史地名大系
大般若経巡回がある。大振り面長な獅子を先頭に、大般若経入り唐櫃が大般若道という清水寺・在家・須釜・滝崎・久保・引沢・清水寺の道程をめぐる。八月一〇日の四万八千日 ...
35. せいすいじ【清水寺】山口県:山口市/宮野恋路村
日本歴史地名大系
氷上山別当法印事、同国清水寺別当朝恕律師権少僧都事(中略)申遣左少弁元長、口宣到来、父按察親長卿書状也、大内京大夫以挙状望之間申沙汰之」とあり、大内政弘の挙状に ...
36. せいすいじ【清水寺】高知県:安芸市/横山村
日本歴史地名大系
横山集落の西端にあるが、この地は明治四年(一八七一)に廃寺となった清水寺末の長正寺の跡地で、同一三年再興の折に移転した。古くは一キロほど下流の丘にあり、現在清水 ...
37. せいすいじ【清水寺】大分県:宇佐市/旧四日市町地区/清水村
日本歴史地名大系
豊前三十三所観音第四番、筑紫三十三所観音第三番の各札所で、伝仁聞作の十一面千手観音像を秘仏とする。江戸期の清水寺縁起(寺蔵)によると、養老元年(七一七)仁聞によ ...
38. 鍬形[図版]
国史大辞典
長鍬形(長野 清水寺) 鍬形台(三重 八代神社) 末広大鍬形(青森 櫛引八幡宮) 鍬形(広島 厳島神社) 鍬形(愛媛 大山祇神社) 三鍬形(島根 佐太神社) 三 ...
39. Kiyomizudera 【清水寺】
Encyclopedia of Japan
Temple of the Hosso sect of Buddhism; located on a high hill in Higashiyama Ward ...
41. 『清水寺縁起』
日本史年表
1517年〈永正14 丁丑⑩〉 この年 土佐光信絵の 『清水寺縁起』 が作成される(宣胤卿記)。  ...
42. 清水寺縁起(きよみずでらえんぎ)
日本大百科全書
詳述したものも付してある。清水寺に2本同じものを蔵し、原本と写本とおぼしく、後者には1624年(寛永1)良恕(りょうじょ)法親王の書写奥書がある。『続群書類従』 ...
43. きよみずでらえんぎ[きよみづでらエンギ]【清水寺縁起】
日本国語大辞典
絵巻物。三巻。紙本着色。室町時代の作。京都清水寺草創の由来と、これにちなむいろいろな霊験譚を描いたもの。絵は土佐光信、詞書(ことばがき)は中御門宣胤、甘露寺元長 ...
44. きよみずでらえんぎ【清水寺縁起】
国史大辞典
後者は原本と目されるものが清水寺にあり、その末尾を欠くものが『続群書類従』釈家部に収められている。 [参考文献]『清水寺縁起』(『日本絵巻物集成』一)、『清水霊 ...
45. きよみずでらきょうづか【清水寺経塚】京都市:東山区/清水寺門前/清水寺地図
日本歴史地名大系
[現]東山区清水一丁目 音羽山(法華寺山)に連なる尾根上(清水寺境内)、山背盆地から淀・男山・山崎の地も遠望できる場所にある。明治四五年(一九一二)の地蔵堂建設 ...
46. 清水寺三重塔
日本史年表
『入唐求法巡礼行記』 成るか.また、円仁編 『入唐新求聖教目録』 を奏進(同書)。葛井親王、 清水寺三重塔 を建立(清水寺縁起)。  ...
47. きよみずでら‐せんにちもうで[きよみづでらセンニチまうで]【清水寺千日詣】
日本国語大辞典
京都の清水寺に参詣すること。この両日に参詣すると、普通の日の千日分、または、四万六千日分(一説に、六万六百四十日分とも)に相当するとされた。《季・秋》*俳諧・毛 ...
48. 清水寺本堂
日本史年表
1484年〈文明16 甲辰〉 6・27 清水寺本堂 の勧進造営成る(親長卿記)。  ...
49. きよみずでらもんじょ【清水寺文書】
国史大辞典
[参考文献]兵庫県編『播磨清水寺文書調査報告書』(『兵庫県古文書緊急調査報告』一)、魚澄惣五郎「播磨清水寺文書に就いて」(『古社寺の研究』所収)、東郷松郎「中世 ...
50. きよみずでらもんぜん【清水寺門前】京都市:東山区地図
日本歴史地名大系
には所見がなく、天保郷帳に再び「清水寺門前」と出る(高は享保郷帳と同じ)。また「旧高旧領取調帳」に六波羅廻り清水寺領として一〇九・一三石が挙がるが、これは清水寺 ...
「清水寺」の情報だけではなく、「清水寺」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

清水寺と同じ寺・神社・教会カテゴリの記事
興福寺(国史大辞典)
奈良市登大路町にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。寺伝では「こうぶくじ」という。縁起によると、天智天皇八年(六六九)藤原鎌足の死去に際し、妻の鏡女王が鎌足の念持仏の釈迦丈六像などを祀る伽藍をその山階(山科)邸に設けたのに始まり(山階寺)、その子不比等によって藤原京の厩坂に移遷(厩坂寺)
東大寺(国史大辞典)
奈良市雑司町にある華厳宗の総本山。大華厳寺・金光明四天王護国寺・総国分寺などの別称がある。南都七大寺・十三大寺・十五大寺の一つ。東大寺の寺号は平城京の東方にある大寺を意味し、『正倉院文書』の天平二十年(七四八)五月の「東大寺写経所解案」に初見するが
法隆寺(日本大百科全書・世界大百科事典)
奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳(しょうとく)宗総本山。斑鳩寺(鵤寺、伊可留我寺とも書く)、法隆学問寺などの異称がある。南都七大寺の一つ。草創の由来は、金堂の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)光背銘によると、用明(ようめい)天皇が病気平癒を念じ
龍潭寺(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。県道引佐―舘山寺(かんざんじ)線の西側の小丘陵上に位置する。臨済宗妙心寺派。山号は万松山、本尊は行基作と伝える虚空蔵菩薩。元文六年(一七四一)に気賀(けが)関所(現細江町)に差出した御要害村寺院縁寿録(山本家文書)によると、天平五年(七三三)に行基が地蔵寺を開創、のち自浄(じじよう)院
渭伊神社(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷(いいのや)の北西端に鎮座する。社域西側を神宮寺(じんぐうじ)川が半円を描いて流れ、杉・檜・楠の古木が社叢をなす。祭神は品陀和気命・息気長足姫命・玉依姫命。旧郷社。「延喜式」神名帳にみえる引佐郡六座のうちの「渭伊(イイノ)神社」に比定される。
寺・神社・教会と同じカテゴリの記事をもっと見る


「清水寺」は寺・神社・城に関連のある記事です。
その他の寺・神社・城に関連する記事
鶴岡八幡宮(国史大辞典・日本歴史地名大系)
神奈川県鎌倉市雪ノ下に鎮座。旧国幣中社。源氏の氏神であり、鎌倉の町の中心として存在してきた社で、明治の神仏分離までは鶴岡八幡新宮若宮(いまみやわかみや)・鶴岡八幡宮寺とも称した。大分県の宇佐、京都府の石清水(いわしみず)両宮とともに全国の八幡宮を代表
恭仁京(世界大百科事典・日本大百科全)
奈良時代中ごろの都城。現在の京都府南部の木津川市に営まれた。740年(天平12),九州で藤原広嗣の乱が起こったのを契機に平城京を離れた聖武天皇は,伊勢,美濃,近江をめぐった後,12月15日山背国南端の久仁郷の地に至り恭仁京の造営に着手した。翌年11月
遷宮(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
神社で、一定の年数を定めて、新殿を造営し、旧殿の御神体をここに遷すこと。そしてこの新殿の造営を式年造営といい、また仮殿遷宮と対称して正遷宮とも称せられる。伊勢神宮の例が著明である。伊勢神宮に式年遷宮の制が立てられた年次については
長谷寺(日本大百科全書(ニッポニカ))
奈良県桜井市初瀬にある寺。真言宗豊山派総本山。豊山神楽院長谷寺と号する。初瀬寺とも書かれ、豊山寺、長谷観音とも称する。本尊は十一面観音。西国三十三所第8番札所。686年(朱鳥1)弘福寺(川原寺)の道明上人が天武天皇の病気平癒祈願のため、法華説相図銅板(千仏多宝塔を鋳出)
橿原神宮(改訂新版・世界大百科事典)
奈良県橿原市に鎮座。神武天皇と皇后媛蹈鞴五十鈴媛命をまつる。社地は畝傍山の東南にあたり,神武天皇が宮居を営んだ橿原宮の跡という。当地はすでに元禄年間(1688-1704)に神武天皇の神廟を営もうとする動きがあったが,1888年橿原宮跡の考証ののち,民間より神社建設の請願があり
寺・神社・城に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶