ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. >
  10. 愛本橋

愛本橋

ジャパンナレッジで閲覧できる『愛本橋』の日本歴史地名大系のサンプルページ

愛本橋
あいもとばし

黒部四十八ヵ瀬の交通の難を緩和するため、寛文二年(一六六二)加賀藩五代藩主前田綱紀は峡口相本あいもとに特殊な形態の橋を架けさせ、地名の用字も愛本と改めさせた。橋脚を用いず、両岸から橋材をせり出し、組合せた構造の橋を刎橋という。愛本橋は刎橋として日本一の規模で、日本三奇橋の一つといわれた。三四間余のものを橋杭を使わず支えることはきわめて難しく、一〇年ほどたつと橋は落下してしまった。新しく橋ができるまでは愛本橋下流で渡船が運航された。この船は浦山うらやま村・なかくち村、舟見ふなみ(現入善町)などの渡守によって運行され、彼らは繰綱を用いて船を操った。橋の架直しには膨大な量の良材が必要で大事業となったが、藩政末期までに八度の架替えが行われた。黒部川は狭められた峡口で激しく渦巻き、跳返り、平野部目掛けて乱流落走していく。その雄大な景観に架けられた橋は文人の興趣を引き、天和二年(一六八二)俳人大淀三千風は「梯の眺望」を著している。明和八年(一七七一)には加舎白雄がこの橋を見ているが、当時、橋は修築中であったため両岸に縄を渡し、これを引き引き渡る繰船式の渡船によって渡り、これを「北越紀行」に書留めた。なお橋下の淵の主(カレイあるいは大蛇)と橋畔の茶屋の娘とをめぐる異類婚姻譚も、茶屋の名物粽の由来に関連づけて語り伝えられた。愛本橋は数多くの漢詩・和歌・俳句の舞台となったが、明治三四年(一九〇一)木拱橋の形式に変更架設されて奇橋の姿を失い、さらに大正六年(一九一七)鉄橋となり、昭和七年(一九三二)ダム建設のため激流渦巻く凄味を喪失し、同四四年大洪水で流失。その後、刎橋の旧観復元も検討されたが、結局モダンな鉄橋が同四八年完成した。橋畔の頼三樹三郎の漢詩碑も流失したが、これは復元建立された。刎橋のあった右岸は現在愛本橋爪東官林地内となっており、左岸の愛本西爪あいもとにしづめのウラジロカシ林は県指定天然記念物。

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


愛本橋の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 26
検索コンテンツ
1. あいもとばし【愛本橋】富山県:下新川郡/宇奈月町/中ノ口村
日本歴史地名大系
地名の用字も愛本と改めさせた。橋脚を用いず、両岸から橋材をせり出し、組合せた構造の橋を刎橋という。愛本橋は刎橋として日本一の規模で、日本三奇橋の一つといわれた。 ...
2. あさひまち【朝日町】富山県:下新川郡
日本歴史地名大系
増水期には度々川止にあうなど不便であった。寛文二年(一六六二)愛本橋(現宇奈月町)が架橋され、三日市宿(現黒部市)から浦山宿(現宇奈月町)―愛本橋―舟見宿を経て ...
3. うちやまとりであと【内山砦跡】富山県:下新川郡/宇奈月町/下立村
日本歴史地名大系
[現]宇奈月町下立 黒部川扇状地の扇頂、愛本橋を見下ろす黒部川左岸の比高約四〇メートルの尾根上にある。北面には黒部川扇状地が広がり、背後は黒部峡谷である。貞和四 ...
4. 宇奈月
日本大百科全書
民俗文化財。黒部川に架かっていた旧愛本橋は木造の跳橋(はねばし)で日本三奇橋の一つであったが、その後鉄橋となり、1969年の洪水で流失。その下流側に新愛本橋がで ...
5. うなづきまち【宇奈月町】富山県:下新川郡
日本歴史地名大系
東西の最も長いところは二三キロ、南北二四キロに及び、総面積の九〇パーセント近くが山岳地帯である。黒部川が流れ、愛本橋の下流に平野が開けるが、右岸は愛本新の段丘化 ...
6. うらやましゅく【浦山宿】富山県:下新川郡/宇奈月町/浦山村
日本歴史地名大系
[現]宇奈月町浦山 愛本橋が寛文二年(一六六二)に架けられ、北陸街道の上街道が往還道となると、浦山宿と舟見宿(現入善町)が置かれた。両宿がいつできたか明確ではな ...
7. おりたてむら【下立村】富山県:下新川郡/宇奈月町
日本歴史地名大系
南は内山村、北西は浦山村、南東部を黒部川が流れ、南は嘉例沢村(現黒部市)。北陸街道の上街道は愛本橋から村の中心部を東西に走る。元亀元年(一五七〇)一二月一三日の ...
8. きんせい【近世】 : 橋
国史大辞典
各地に名橋が現われた。九州には中国の影響を受けて、長崎の眼鏡橋のほか石拱橋が多く、肘木橋として有名な越中国の愛本橋は寛永三年に設けられ、代表的な木拱橋として知ら ...
9. 錦帯橋
世界大百科事典
た技術のゆえに日本の古橋中屈指の名橋とされ,またその形,構造の珍しさから,甲斐の猿橋,越中の愛本橋と並んで,古くは日本三奇橋の一つといわれた。橋の全長は約200 ...
10. くつかけむら【沓懸村】富山県:黒部市
日本歴史地名大系
勤めている。「越中道記」では入膳町(現入善町)より一里三一町四八間、三日市まで二一町とある。愛本橋(現宇奈月町)架橋により上街道が開通し、寛文七年(一六六七)に ...
11. くろなぎのゆ【黒薙湯】富山県:下新川郡/宇奈月町
日本歴史地名大系
年(一八四八)などに開湯願が出されたが、開湯が許されたのは慶応四年(一八六八)である。初めは愛本橋から音沢村を経て入り込んでいたが、明治三七年(一九〇四)の林道 ...
12. くろべがわ【黒部川】富山県:総論
日本歴史地名大系
加賀藩は北陸街道の整備を実施したものの、夏期の出水期には黒部川渡河は難しく、寛文二年(一六六二)に愛本橋(現宇奈月町)を架橋し、翌年に浦山村(現同上)・舟見村を ...
13. くろべし【黒部市】富山県
日本歴史地名大系
両川共ニ二日も三日も往還止リ申候 壱里山与魚津町之間拾町拾弐間」とある。寛文二年(一六六二)黒部川に愛本橋(現宇奈月町)を架けたので、北陸街道は泊町、舟見(現入 ...
14. 三奇橋
世界大百科事典
ものとしてあげられてきた岩国(山口県)の錦帯橋,甲斐(山梨県)の猿橋,黒部(富山県)の愛本橋をいう。愛本橋の代りに木曾の桟(かけはし)あるいは祖谷(いや)(徳島 ...
15. さん‐ききょう【三奇橋】
デジタル大辞泉
日本の橋のうち、構造が変わっていて珍しい三つの橋。特に、山口県岩国川の錦帯(きんたい)橋、山梨県桂川の猿橋(さるはし)、富山県黒部川の愛本(あいもと)橋(昔のは ...
16. なかのくちむら【中ノ口村】富山県:下新川郡/宇奈月町
日本歴史地名大系
北は愛本新村、東は明日村、西には垣内の墓ノ木がある。村の中を北陸街道の上街道が通り、黒部川には愛本橋が架かる。集落は段丘上に、耕地は段丘下にある。近世初めまで黒 ...
17. にいかわぐん【新川郡】富山県:越中国
日本歴史地名大系
往還道が整備されると、春日・横山・上野・沓掛などの小さな宿は退転した。寛文二年黒部峡谷の入口に愛本橋(現宇奈月町)が架けられて上街道が開け、舟見宿と浦山宿(現宇 ...
18. 橋
世界大百科事典
り存亡つねならぬ状況であった。その中で世界に誇れるものとして,三奇橋と称される猿橋,錦帯橋,愛本橋(かわりに木曾の桟(かけはし)をあげる場合もある)がある。甲斐 ...
19. はし【橋】
国史大辞典
各地に名橋が現われた。九州には中国の影響を受けて、長崎の眼鏡橋のほか石拱橋が多く、肘木橋として有名な越中国の愛本橋は寛永三年に設けられ、代表的な木拱橋として知ら ...
20. ふせやまびらきおおのびらき【布施山開大野開】富山県:下新川郡/宇奈月町
日本歴史地名大系
[現]宇奈月町大野 宮野開に属する。南東は内山村、北に愛本橋。文化年間(一八〇四―一八)までは畑や山林であったが、宮野用水の水利を得て開墾した。天保七年(一八三 ...
21. ふせやまびらきなかぐろびらき【布施山開中黒開】富山県:下新川郡/宇奈月町
日本歴史地名大系
[現]宇奈月町中黒 付属開。中ノ口村領で北東に愛本橋、西は下立村。天保一二年(一八四一)の請高五〇石のうち、明治三年(一八七〇)の出来高二〇石、免五歩。十二貫野 ...
22. ふなみしゅく【舟見宿】富山県:下新川郡/入善町/舟見村
日本歴史地名大系
[現]入善町舟見 寛文三年(一六六三)愛本橋が架けられ、北陸街道の上街道が整備されるなかで舟見宿と浦山宿(現宇奈月町)が賑いをみせるようになる。両宿の成立につい ...
23. ふなみむら【舟見村】富山県:下新川郡/入善町
日本歴史地名大系
神宮の道者職が五貫文で売却されている(「道者売渡状」神宮文庫蔵輯古帳)。寛文三年(一六六三)愛本橋ができ、上街道の往来が盛んになり当村は宿駅とされ、南端に枡方道 ...
24. ほくりくかいどう【北陸街道】富山県:総論
日本歴史地名大系
の愛本(現宇奈月町)に刎橋の愛本橋を架け、翌三年に三日市―愛本橋―泊間に浦山宿(現宇奈月町)・舟見宿(現入善町)を設定した(「旧記帳」加越能文庫)。三日市―愛本 ...
25. みっかいちむら【三日市村】富山県:黒部市
日本歴史地名大系
享保一八年には肝煎又四郎、組合頭新左衛門・仁兵衛・仁右衛門・伝右衛門・彦三郎であった(新川郡村廻帳)。寛文二年愛本橋(現宇奈月町)架橋により上街道が開通し、同七 ...
26. よこみずいちりづか【横水一里塚】富山県:下新川郡/朝日町/横水村
日本歴史地名大系
水村領中程ニ御座候」と報じている。この一里塚は慶長一四年(一六〇九)に作られたものではなく、愛本橋の完成した寛文二年(一六六二)以降に作られたものであった。あま ...
「愛本橋」の情報だけではなく、「愛本橋」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

愛本橋と同じカテゴリの記事
一条戻橋(日本歴史地名大系・世界大百科事典)
[現]上京区堀川下之町堀川の一条大路に架かる橋。古代・中世を通じて京域の境とされ、また橋占を行う場所として多くの伝承を生んだ。「権記」長徳四年(九九八)一二月二五日条に「自〓上東門〓東行、至〓万里路〓更北行、自〓戻橋路〓、出〓鴨下御社西堤下〓」とあるのが初見。
錦帯橋(日本歴史地名大系)
横山郭の正面乗越門前より、錦川対岸の錦見乗越へ架けられた五橋の反り橋。横山小路と錦見大明小路を一直線につなぐ、城下大手の通り筋にあたる。五橋のうち三橋が支柱のない刎橋で、構造の妙と美しさで知られる。岩国橋・十露盤橋・凌雲橋・帯雲橋・五竜橋などの名でもよばれるが、錦川の名にちなむ錦帯橋が一般的である。
猿橋(改訂新版・世界大百科事典)
山梨県大月市の東郊,相模川の支流桂川の渓谷にかかる木橋。〈えんきょう〉ともいう。創建の時期は明らかではないが,きわめて古いと推定され,1226年(嘉禄2)にはすでに文書に記録が見られる。両岸から4層に順次張り出した刎木の上に木の橋桁を渡し,刎木の他端は地中に埋め込まれ,安定を保っている。
三奇橋(改訂新版・世界大百科事典)
日本の古橋の中でとくに構造的に変わったものとしてあげられてきた岩国(山口県)の錦帯橋,甲斐(山梨県)の猿橋,黒部(富山県)の愛本橋をいう。愛本橋の代りに木曾の桟あるいは祖谷(徳島県)のかずら橋を入れる説もあるが,桟はけわしい崖に沿って板をかけ渡した橋で,構造的には上述の諸橋ほどの特色はない。
愛本橋(日本歴史地名大系)
黒部四十八ヵ瀬の交通の難を緩和するため、寛文二年(一六六二)加賀藩五代藩主前田綱紀は峡口相本に特殊な形態の橋を架けさせ、地名の用字も愛本と改めさせた。橋脚を用いず、両岸から橋材をせり出し、組合せた構造の橋を刎橋という。愛本橋は刎橋として日本一の規模で、日本三奇橋の一つといわれた。


「愛本橋」は三奇橋に関連のある記事です。
その他の三奇橋に関連する記事
愛本橋(日本歴史地名大系)
黒部四十八ヵ瀬の交通の難を緩和するため、寛文二年(一六六二)加賀藩五代藩主前田綱紀は峡口相本に特殊な形態の橋を架けさせ、地名の用字も愛本と改めさせた。橋脚を用いず、両岸から橋材をせり出し、組合せた構造の橋を刎橋という。愛本橋は刎橋として日本一の規模で、日本三奇橋の一つといわれた。
三奇橋(改訂新版・世界大百科事典)
日本の古橋の中でとくに構造的に変わったものとしてあげられてきた岩国(山口県)の錦帯橋,甲斐(山梨県)の猿橋,黒部(富山県)の愛本橋をいう。愛本橋の代りに木曾の桟あるいは祖谷(徳島県)のかずら橋を入れる説もあるが,桟はけわしい崖に沿って板をかけ渡した橋で,構造的には上述の諸橋ほどの特色はない。
猿橋(改訂新版・世界大百科事典)
山梨県大月市の東郊,相模川の支流桂川の渓谷にかかる木橋。〈えんきょう〉ともいう。創建の時期は明らかではないが,きわめて古いと推定され,1226年(嘉禄2)にはすでに文書に記録が見られる。両岸から4層に順次張り出した刎木の上に木の橋桁を渡し,刎木の他端は地中に埋め込まれ,安定を保っている。
錦帯橋(日本歴史地名大系)
横山郭の正面乗越門前より、錦川対岸の錦見乗越へ架けられた五橋の反り橋。横山小路と錦見大明小路を一直線につなぐ、城下大手の通り筋にあたる。五橋のうち三橋が支柱のない刎橋で、構造の妙と美しさで知られる。岩国橋・十露盤橋・凌雲橋・帯雲橋・五竜橋などの名でもよばれるが、錦川の名にちなむ錦帯橋が一般的である。


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶