ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 寺・神社・教会
  10. >
  11. 尾曳稲荷神社

尾曳稲荷神社

ジャパンナレッジで閲覧できる『尾曳稲荷神社』の日本歴史地名大系のサンプルページ

尾曳稲荷神社
おびきいなりじんじや

[現]館林市尾曳町

旧館林城本丸の東北にあたる稲荷郭にあり、祭神は倉稲魂命・倭建命・誉田別命・素戔嗚命。赤井照光が館林城を築いたとき、狐が尾を曳いて案内し、城割を示したと伝えられ、城の鬼門に守護神として当社を創建したといわれる。創建の時期は天文元年(一五三二)という(「館林盛衰記」館林市立図書館蔵)。「関八州古戦録」(北条氏政皆川館林城責付稲荷神変事)によれば、永禄九年(一五六六)館林城は北条氏の軍勢に包囲されていた。城兵大畑佐渡守らが北条勢に夜襲をかけた際、大袋おおふくろ山より松明二、三百が現れて北条方の陣の背後に回ったのが見え、北条勢は総崩れとなった。翌朝城兵らが探してみると牛馬の朽骨が散らばり、草を獣が踏み敷いた跡が稲荷神社まで続いていたので、昨夜の松明は稲荷の使白狐の所業であるとさとったという。同様に当社の霊験あらたかなことは「耳袋」などにもみえる。天正一八年(一五九〇)八月入部した榊原康政は城郭拡張工事を行うとともに当社の再建を行い、さらに正保二年(一六四五)藩主松平乗寿は社殿を修築、以後歴代藩主は修復につとめるとともに城の守護神として尊崇した。別当は塚場つかば惣徳そうとく院。

明治四〇年(一九〇七)一二月には八幡はちまん郭の八幡宮、旧館林藩主秋元氏の歴代などを祀る鷹匠たかじよう町の瓜内とうない稲荷、同四三年裏宿の恵うらじゆくのめぐみ稲荷、金山かなやまの稲荷、外伴木そとばんきの八坂神社、外加法師そとかぼうしの八坂神社を合祀した。昭和五年(一九三〇)氏子崇敬者らの寄付によって社務所が改築され、さらに同一二年には社殿が落成した。この社殿は西向きで、館林城と相対しているのは城の守護という特殊な関係によるものだという。境内には寛文五年(一六六五)五月館林城修築記念として壁塁施工者の奉納した石水盤をはじめ、天和三年(一六八三)館林城破却の無事完了を感謝して奉納された石灯籠、三河国碧海へきかい刈谷かりや(現愛知県刈谷市)城主土井利善、松平右近将監家中、井上河内守らが寄進した石灯籠、田山花袋歌碑などがある。

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


尾曳稲荷神社の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3
検索コンテンツ
1. おびきいなりじんじゃ【尾曳稲荷神社】群馬県:館林市/館林城下
日本歴史地名大系
[現]館林市尾曳町 旧館林城本丸の東北にあたる稲荷郭にあり、祭神は倉稲魂命・倭建命・誉田別命・素戔嗚命。赤井照光が館林城を築いたとき、狐が尾を曳いて案内し、城割 ...
2. じょうぬま【城沼】群馬県:館林市/当郷村
日本歴史地名大系
うち最も長い弁天渡は現本町三丁目の竹生島神社前から水路を通り、約一七町。尾曳渡は現尾曳町の尾曳稲荷神社南から出て約八町。善長寺渡は当郷の善長寺南から出てわずか一 ...
3. たかじょうまち【鷹匠町】群馬県:館林市/館林城下
日本歴史地名大系
秋元氏の家紋木瓜にちなみ瓜内稲荷と改称、御神体は三代泰朝が大坂夏の陣で着用した甲冑である。明治四〇年尾曳稲荷神社へ合祀。 ...
「尾曳稲荷神社」の情報だけではなく、「尾曳稲荷神社」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

尾曳稲荷神社と同じ寺・神社・教会カテゴリの記事
興福寺(国史大辞典)
奈良市登大路町にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。寺伝では「こうぶくじ」という。縁起によると、天智天皇八年(六六九)藤原鎌足の死去に際し、妻の鏡女王が鎌足の念持仏の釈迦丈六像などを祀る伽藍をその山階(山科)邸に設けたのに始まり(山階寺)、その子不比等によって藤原京の厩坂に移遷(厩坂寺)
東大寺(国史大辞典)
奈良市雑司町にある華厳宗の総本山。大華厳寺・金光明四天王護国寺・総国分寺などの別称がある。南都七大寺・十三大寺・十五大寺の一つ。東大寺の寺号は平城京の東方にある大寺を意味し、『正倉院文書』の天平二十年(七四八)五月の「東大寺写経所解案」に初見するが
法隆寺(日本大百科全書・世界大百科事典)
奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳(しょうとく)宗総本山。斑鳩寺(鵤寺、伊可留我寺とも書く)、法隆学問寺などの異称がある。南都七大寺の一つ。草創の由来は、金堂の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)光背銘によると、用明(ようめい)天皇が病気平癒を念じ
龍潭寺(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。県道引佐―舘山寺(かんざんじ)線の西側の小丘陵上に位置する。臨済宗妙心寺派。山号は万松山、本尊は行基作と伝える虚空蔵菩薩。元文六年(一七四一)に気賀(けが)関所(現細江町)に差出した御要害村寺院縁寿録(山本家文書)によると、天平五年(七三三)に行基が地蔵寺を開創、のち自浄(じじよう)院
渭伊神社(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷(いいのや)の北西端に鎮座する。社域西側を神宮寺(じんぐうじ)川が半円を描いて流れ、杉・檜・楠の古木が社叢をなす。祭神は品陀和気命・息気長足姫命・玉依姫命。旧郷社。「延喜式」神名帳にみえる引佐郡六座のうちの「渭伊(イイノ)神社」に比定される。
寺・神社・教会と同じカテゴリの記事をもっと見る


「尾曳稲荷神社」は寺・神社・城に関連のある記事です。
その他の寺・神社・城に関連する記事
鶴岡八幡宮(国史大辞典・日本歴史地名大系)
神奈川県鎌倉市雪ノ下に鎮座。旧国幣中社。源氏の氏神であり、鎌倉の町の中心として存在してきた社で、明治の神仏分離までは鶴岡八幡新宮若宮(いまみやわかみや)・鶴岡八幡宮寺とも称した。大分県の宇佐、京都府の石清水(いわしみず)両宮とともに全国の八幡宮を代表
恭仁京(世界大百科事典・日本大百科全)
奈良時代中ごろの都城。現在の京都府南部の木津川市に営まれた。740年(天平12),九州で藤原広嗣の乱が起こったのを契機に平城京を離れた聖武天皇は,伊勢,美濃,近江をめぐった後,12月15日山背国南端の久仁郷の地に至り恭仁京の造営に着手した。翌年11月
遷宮(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
神社で、一定の年数を定めて、新殿を造営し、旧殿の御神体をここに遷すこと。そしてこの新殿の造営を式年造営といい、また仮殿遷宮と対称して正遷宮とも称せられる。伊勢神宮の例が著明である。伊勢神宮に式年遷宮の制が立てられた年次については
長谷寺(日本大百科全書(ニッポニカ))
奈良県桜井市初瀬にある寺。真言宗豊山派総本山。豊山神楽院長谷寺と号する。初瀬寺とも書かれ、豊山寺、長谷観音とも称する。本尊は十一面観音。西国三十三所第8番札所。686年(朱鳥1)弘福寺(川原寺)の道明上人が天武天皇の病気平癒祈願のため、法華説相図銅板(千仏多宝塔を鋳出)
橿原神宮(改訂新版・世界大百科事典)
奈良県橿原市に鎮座。神武天皇と皇后媛蹈鞴五十鈴媛命をまつる。社地は畝傍山の東南にあたり,神武天皇が宮居を営んだ橿原宮の跡という。当地はすでに元禄年間(1688-1704)に神武天皇の神廟を営もうとする動きがあったが,1888年橿原宮跡の考証ののち,民間より神社建設の請願があり
寺・神社・城に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶